naka2hi104.com
空冷ビートル ルーフラックとリアラゲッジラックの取り付け | Scientist on the motor
9/16に予定されているVintage Wheelsのイベントに誌面登場車両=出展者として?呼んで頂けることになりました。息子も日増しに乗り物好きになってきたタイミングでこれは渡りに船ということで、家族で参加することにしました。 さらにその週末にはバイク仲間達と定例のお泊りツーリングの予定が入っており、こちらも家族と参加するつもりでしたので、その帰り道にイベントに寄ろうという算段です。恐らく博物館クラスの名車が集まるであろうこのイベント、我が家のType1も名車ではありますが、ヒストリックカーと並ぶと思いっきり大衆車です。それなら大衆車らしい方向で少しだけお洒落してみることにしました。 空冷ビートルにルーフラック取り付け | Scientist on the motor 以前装着した際にこのクランプがしっかりと車体にかからず、簡単に外れてしまう状態であることがわかっていました。主治医に教えていただいたところ、このツメ部分の角度が問題であるとの事でした。確かに、きちんと固定できる側と比べて、ツメの角度が浅くなっていましたのでハンマーで叩いて修正。 もともと「くの字」歪んでいたので、できるだけ真っ直ぐになるようにしてみました。完全な状態にはなりませんでしたが、車体に乗せて固定してみたところ、だいぶマシになった気がします。 次はネットオークションで落札してから取り付ける余裕がなくて放ったらかしになっていたリアラゲッジラックを引っ張り出してきました。梱包を解いてみると、取り付けに必要なステー類が無い…。格安で買えたのを覚えているので、きっとそういう条件だったのでしょう。 各所の寸法を測って、ホームセンターで汎用ステーを購入しました。純正ステーと同じ取り付け原理であれば問題ないであろうという判断です。ボルト類は本体の穴径に合わせてM8ボルトにしました。 上側はエアインテークの隙間からステーを差し込んで、引っ掛ける形のようなので、L型ステーを差し込んでみました。もちろんこのままではガタつくので、純正では外側からゴム板を挟んだ金属プレートで締め込むようですが、気になる程のガタつきではなかったので、これで様子見としました。