naka2hi104.com
空冷ビートルのオイル交換と地元ドライブ | Scientist on the motor
頭の悪い飼い主が冬でも夜でもバイクばっかり乗ってしまうので、どうしても出番の少なくなってしまう空冷ビートル。本当に寒くて根負けした鉄剣タローの時に乗って以来、オイル交換のタイミングすら逃してしまっていました。 まずはオイル交換 オイル交換はいつもお世話になっている山田自動車商会さんへお願いしました。前回のオイル交換以来だから何ヶ月ぶりになるでしょうか…。ご無沙汰してしまって申し訳ないです。 「あれーオイル全然汚れてないよ!乗ってないでしょ~」と、やはり機械には嘘はつけませんでした。乗ったら乗ったで大変楽しい車なんですが、バイクも楽しさ真っ盛りですから難しいところです。 息子が1歳になって今までのチャイルドシートが少し窮屈そうなので、ジュニアシートを買ってビートルでドライブに行けたらいいなと画策しています。新生児の時は諦めましたが、お父さんの憧れはやっぱりRECAROですよね! 今年もツインリンクもてぎで開催されるStaginglane.net主催のVW Drag In.は6/24で、スケジュールを確認するとLegend of Classicの富士スピードウェイと同じ日でした…。辻堂や大磯のイベント然り、空冷VWに乗り始めてから開催されるイベントは他の二輪旧車イベントと重なることが多く、今まで1つも行けたことがありません。 そもそも空冷VWのイベントってみんなゴリゴリにドレスアップしたショーカーみたいな車両ばっかりだろうし、アイロンテール"仕様"のほんのりキャルルックで行って大丈夫なのか、という不安もありました。 「でもさ、ピカピカの飾られる車って汚したくないからイベントの時しか走らせないような車もあるんだよ。それより普段から乗り回しているようなシンプルな車体が並んだ駐車場を見るほうが楽しかったりするし、本来空冷VWは気軽に走って楽しむ乗り物なんだから何も気後れすることはないよ」 とは山田さんのお話でした。確かに、二輪旧車イベントでもエントリーしているピカピカの名車は見覚えがあったりして、見慣れちゃうとお客さんが乗ってきたバイク駐輪場の方が楽しかったりしますよね。