naka2hi104.com
空冷ビートルで行く夏の湘南ドライブ | Scientist on the motor
すっかり盛夏の様相となった週末、Type1でSくん達と湘南方面へドライブに行ってまいりました。 お昼ごろ二子玉川で待ち合わせ。この駐車場は初めて入りましたが、高島屋に負けず劣らず高級車の見本市ですね。いつもは早朝か深夜にしか走らないので、こうしてのんびり出発するだけで優雅さが増すから不思議なものです。 二人と合流してルートの相談。都内の湾岸エリアをドライブする候補も迷うところでしたが、せっかく時間を作ってもらったので、湘南方面へ足を伸ばすことにしました。 久しぶりの第三京浜に乗って、保土ヶ谷PAでSくんに運転を交代してもらうことにしました。混雑した都内よりは運転しやすいかなと思っていたのですが、分岐や合流が多かったので走りづらい場面もあったかもしれません…。 しかし横浜横須賀道路を逗子で降りて、海が見える頃にはすっかり慣れてもらえたようで、アクセルワークやクラッチミートも初対面のぎこちなさは消えていました。流石エンスーの順応力ですね! 気怠い鎌倉の渋滞もストレスに感じることなく、気持ち良い海風の匂いを嗅ぎながら、いつもの七里ヶ浜駐車場に到着しました。ここも混雑しているのではと心配でしたが、いつもの特等席?に停めることができました。 真夏の海が似合うとはいえ、炎天下の中での渋滞は彼にも堪えるはずです。190℉に張り付いた油温計の針を冷ましつつ、我々も冷たい飲み物でクールダウンしました。この日は風があったので、窓全開と扇風機でそこそこ気持ち良く過ごせましたが、無理せずクーラーも使うべきだったかもしれません…。 その後、藤沢方面に寄り道してから帰路につきました。空冷ビートルで夏の湘南だなんて絵に描いたようなシチュエーションですが、こういう型にはまった様式美?を楽しむのも分かりやすくて良いものです。Sくんもお連れの方も楽しんでいただけたようで、良い機会になったようです?やはり趣味は家族の理解が第一ですね。