naka2hi104.com
Throw up camp touring 2018 July day-2 | Scientist on the motor
日が昇り始めると誰が起こすともなくゴソゴソと動き始めて、パチパチと火を起こす音が聞こえてきました。3台のバイクの合計排気量くらい飲んだにしては気持ちの良い目覚めです。 何はなくともまずは朝食とコーヒー。昨日作ったまま食べるのを忘れたスープを飲みながらこの日の予定を相談しました。このまま現地解散は勿体ないし、せっかく名湯の地まで来たのでひと風呂浴びたいところです。それなら国道から脇道にそれた県道を走って下呂温泉まで移動したらツーリング気分で一石二鳥じゃない?と提案してみました。 5月の日独英ツインから日独米になりましたが相変わらずの二気筒バイクのみ。少しずつ強くなり始めた日差しに焼かれる前に山に入りましょう。 キャンプ場から国道41号に出て、国道257号から県道431号に入るとちょうど良さそうな県道ワインディングです。この雰囲気は期待できそうだぞ、とスロットルを開けると「何か落ちたぞ!」とインカムからXくん。俺何か落としたかな? なんとXL1200Sのサイレンサーが落ちていました。エキパイとの接続は刺さっているだけでしたので、振動で抜けてしまったのでしょうか…。 3人の持てる工具をかき集めて路上での補修。落としたのが県道に入ったところで良かったです。大きな道路だったらサイレンサーを拾うのも一苦労ですからね。 補修後は県道を快走できました。地元のバイクが朝から走っているところを見るに、人気のあるルートなのかもしれません。ダム湖の湖畔を回るルートはタイトすぎず適度にツイスティで気持ち良いものでした。ただ、先週の大雨の影響か、路面に砂が浮いている箇所もあり、ひやりとする場面も…。 ダムから下呂温泉までは数kmほどです。日陰を探したくなるくらい辛いくらいの日差しの中、国道を走って飛騨川沿いに広がる下呂の温泉街に到着。日帰り入浴施設は数カ所あるので、バイクを停めるのに難儀しなそうな場所を選びました。 下呂温泉 クアガーデン露天風呂 せっかく汗を流したというのに、また炎天下の中汗だくでキャンプ場に戻ってきました。無意味な事をしているようですが、温泉の効果なのか昨日とは汗のかきかたが全然違っていて、滝のように流れていきました。