naka2hi104.com
Throw up camp touring 2018 July day-1 | Scientist on the motor
春の1000miles touringの充実感を忘れられず、次は一年後と言った舌の根が乾かぬうちに再度集結となりました。集合場所は関西と関東の間をとって岐阜県の下呂です。 大まかに下呂までは350~400kmくらいです。休みながらでものんびり走れば着きそうなところですが、連日の酷暑を避けるべく5:00には出発。できるだけ高速道路で距離を稼いでから標高のあるルートをつないで進む作戦としました。 パッキングはキャンプ道具が増えたので少し苦労しました。振り分けバッグにキャンプ小物と着替え類、ダッフルバッグにシュラフ、テント、マット等の大物キャンプ道具、ダッフルバッグに括り付けたサイドバッグに車載工具と、使用頻度の高い小物を収納しました。あとは小ぶりなタンクバッグがあっても旅感が出て良いですね。 走り始めの山間部こそ革ジャンを着たくなる気温でしたが、南諏訪で中央道を降りて休憩する8:00頃には日陰を探さないと身の危険を覚える気温になっていました。この先が少々思いやられます。 茅野から国道152号 杖突街道を南下して、伊那高遠から国道361号に乗り換えました。南アルプスと中央アルプスに挟まれた山間の町は夏の色に染まって、まさに夏休みの原風景そのものです。しかし子供の頃はこんなに暑かっただろうか…。 伊那の中心部を抜けて、今度は中央アルプスを越えます。なだらかで広大な裾野に広がった農耕地の緑に癒されました。 中央アルプスを越えて木曽から県道39号で野麦峠へ。よく名前を聞くけどなかなか足を運ぶ機会がなかったので良いタイミングでした。しかしこの時期は路肩の樹々が生い茂って、ただでさえ狭いであろう幅員がさらに狭く感じました。空荷のWなら楽しめそうですが、それ以上の車格では少し辛そうな峠に感じました。 再び国道361号に乗り換え、休憩を挟みながら御嶽山の北側を抜ける県道463号に出るべく南下しました。 木曽街道から一本入ると、運動部の学生さんが合宿するようなリゾート地の雰囲気。白樺並木と葉の緑、嘘のように青々とした空が広がり、夏のツーリングの醍醐味を一度に味わった気分です。