naka2hi104.com
Raleigh CLSで行く群馬ツーリング(2) | Scientist on the motor
9:00 群馬県高崎市 昨晩高崎で迎えてくれたX君と安居酒屋に転がり込んだまでは良かったのですが、乾いた身体が水分を要求するのか水のように吸収される生ビール…。気がついたら2人で15杯を空けてしまい、数十センチにも伸びたレシートは安居酒屋の会計額ではありませんでした。自転車ツーリングは身体に良くてお金がかからないはずなのに何もかもパーです! そんな翌朝もごらんの快晴です!朝から頭痛いだとか気持ち悪いとか言っているX君を引きずり出して今日も元気に走りましょう。 その(1)はこちら: Raleigh CLSで行く群馬ツーリング(1) | Scientist on the motor 元々この日は高崎から国道17号三国街道を北上して、渋川にあるもつ煮の名店「永井食堂」を目指す予定でしたが、残念ながら連休中は改装工事中でお休みでした。 そこで宿泊した高崎駅前から東に進み、井野川、烏川、利根川、広瀬川堤防上をつなぐ「高崎伊勢崎自転車道」をメインに、群馬県伊勢崎市方面を目指して走ることにしました。 井野川沿いを走ると「群馬の森」という公園内に入っていきます。とても綺麗に整備されていて気持ちよく走れる道でした。ただ、公園利用者の方もたくさんいるのと、カーブが多いのでスピードは控えめにしましょう。 先程までの不調もどこ吹く風で走っていくX君、彼らしいクラシックランドナーはデモンタブルフレームだそうです。どこからそういう凄いのを見つけてくるんでしょうか? 道中にはこのような案内板もあり、各地点間の距離も示されていました。こういうものがあるだけでも安心して走れます。このルートに従うのであれば、利根川から広瀬川沿いに北上して伊勢崎市に向かうルートになるようですが、ちょっと遠回りになってしまうので坂東大橋を渡って伊勢崎市内に入ることにしました。 神流川に到達する頃には初夏の陽気に汗ダラダラ、お腹も減ってきました。通常こういう時はローカルで美味しいものを調べて…となるはずですが、自転車の時は質より手軽さと量、ということで某牛丼チェーンで満タン補給となりました。 12:30 伊勢崎市に着きました