naka2hi104.com
Raleigh CLSで行く群馬ツーリング(1) | Scientist on the motor
ここ数年、連休になればW650に荷物を過積載して遠方へロングツーリングに出かけていた私ですが、今年はZばかり乗って二郎ばかり食べているうちに連休になってしまい、ロングツーリングの計画すらできていませんでした。 そこで思い出すのが一年前に決行した栃木への自転車ツーリングです。少々無茶もありましたが、オートバイでのツーリングに比較して近距離でも十分に旅感が得られて新鮮だったことが記憶に新しいです。 Raleigh CLSで行く春の栃木ツーリング(1) | Scientist on the motor そこで今年はさらにステップアップして行き先を群馬県高崎市とし、現地で遊んで輪行で帰るという計画を立てました。高崎市であれば荒川や利根川の土手やサイクリングコースを繋いで走ることができそうですので、去年のように交通量の多い幹線道路をヒヤヒヤしながら走る必要もありません。 また、苦労して持ち出した割に活躍の少なかった一眼レフを始めとした携行品の見直しや、後輪も外した輪行方法の改良も今回の実験課題としました。 7:30 神奈川県川崎市 思いつきとともに高まるワクワク感に襲われ、寝付きの悪いまま寝坊して出発の朝を迎えました。今回もRSAのフロントバッグとキャラダイスのサドルバッグを装着し、荷物も見直すことで軽量化を図りました。 自宅から多摩川沿いを北上し、多摩川原橋で多摩川を越えました。そのまま鶴川街道、武蔵境通りを北上し、五日市街道に差し掛かると「関前五丁目」交差点から「多摩湖自転車道」に入ることができました。 この「多摩湖自転車道は」西東京市から小平市、東村山市などを経て多摩湖までの約10kmを結ぶ都道です。大部分が自転車歩行者専用通路になっていることから、エンジン付き車両の動向を気にせず安全に走行することができます。 ただ写真にもあるようにランニングやウォーキングをする方もたくさんいらっしゃいます。ただでさえ走りやすいルートなので軽快にスピードが出てしまいがちですが、危険のないように徐行が必要になります。ここまで四輪車の動きにヒヤヒヤしながら走ってきたので、このような道路は大変ありがたいです。