naka2hi104.com
Raleigh CLSで行く春の栃木ツーリング(3) | Scientist on the motor
これまでの記事はこちら: Raleigh CLSで行く春の栃木ツーリング(1) | Scientist on the motor Raleigh CLSで行く春の栃木ツーリング(2) | Scientist on the motor 7:00 栃木県宇都宮市 学生時代に泊まり慣れた友人宅で起床。この部屋で起きる度にあの頃に戻るような気がして朝からしんみりしてしまいそうになります。名残惜しいところですがさっさとタイヤに空気を入れて出発しましょう。朝の空気が大変気持ち良いです。 友人宅から懐かしい道を南進し、国道121号へ。あとはひたすらこの道を進むだけで益子町に到着してしまうという大変分かりやすいルートです。距離にして片道30kmくらいと、日帰りポタリングにはぴったりの距離。しかし少々のアップダウンがあったりする上、なんだかんだここ2日間の疲れが蓄積されているようで、目的地到着前に友人に大きく引き離される始末…。誰かと出かけるには迷惑かけないように練習しないとまずいかもしれないですね。 10:00 益子陶器市 益子の陶器市に初めて来たのは2011年の11月でしたので結構久しぶりです。相変わらずこの手のジャンルに造詣のない私ですが、単純に見ているだけで楽しめるので問題ありません。気持ちの良い天気に誘われて朝早くから結構な混雑です。 まずは友人の馴染みの作家さんのところへ。何度も通っている彼はいろんなところに知人がいるようです。すげえなあ。 無骨で固そうな素材感なのに軟らかい曲線で作られているところが魅力的なんだと勝手に解釈しておりますが如何でしょうか。同じような器でも少しずつ全部違う。「こういうのは直感と縁だからね~」とは友人の弁。どこかで聞いた事ある言葉だと思ったら旧車選びと一緒ですね。あと大切なのは勢いと残高かな。 益子焼といえば肉厚で有機的、暖かみがあるような物が多いですが、私はどちらかというとさっぱりして金属っぽいというか、ソリッドな材質感の中に軟らかい雰囲気のある焼き物に惹かれる事が多いです。何言ってるか良くわかりませんね。