naka2hi104.com
Destination Tochigi Touring 2018 | Scientist on the motor
梅雨入りの知らせが聞こえ始めた6月の初め、かねてからアイデアのあった栃木ツーリングに行って参りました。自分で立案するマスツーリングは久しぶりです。 今回の目的は地元栃木の天然資源である「石」と「山」をテーマにしたルートとなりました。字面で見ると大変地味ですが、近年では様々な形でメディアに露出のある、いわゆる「映える」スポットです。さらに栃木の名物を合間に挟んで、地元栃木の魅力を知ってもらうという目的もあります。 集合は東北道 羽生PAに8:00、一応主催ということで少し早めに出発したものの、東北道は浦和から事故渋滞…これを抜けて予定通りに到着しました。梅雨入り前の貴重な晴れ間にパーキングエリアには大量の二輪が次々と流れ込んでいました。 東北道を北上し、大谷PAでは名物の餃子ドックを求めて軽食コーナーに行列を作りました。パンも火を入れてくれているので、食感と香りも良くなっています。個人的にはだだっ広くて混雑するSAより小ぢんまりしたPAの方が好きです。 ここで群馬方面からのメンバーと合流し、宇都宮ICで一般道へ。国道293号を少し走れば大谷エリアに到着します。 さすが栃木県が売り出し中の観光地です。推し始める以前とは観光客の数が違いました。大谷は日本遺産?を目指しているそうで、行政からも力が入っているのでしょうか。 目的地の一つ、大谷石を採掘した採石場跡は初めてのメンバーもいたようで、皆さん喜んでもらえて何よりです。相変わらず各種撮影のロケ地として活躍する他、結婚式も行われるそうです。 かつては観光地と呼ぶには殺風景すぎた採石場の周りも、お洒落なお土産屋さんができていたりして、何かと映えそうです。「近くにメシ食うところもできたんだけど、俺らが食うようなもんは置いてねえんだよなぁ~」と笑うのは地元の方と思しき観光案内の男性。周囲を見ると確かに、少し前の大谷からは想像できない客層の呼び込みに成功しつつあるようです。 伸び代ある栃木の観光資源を堪能した後はお約束の宇都宮餃子!市内中心部の店舗は駐車場も少なく混雑しますから、すこし郊外の店舗が狙い目です。この駒生店はライスセットがあるのもお気に入りです。