naka2hi104.com
1000mile Grand Touring 2018-Day-2 | Scientist on the motor
2日目は福井県三国から日本海沿いを南下して敦賀、小浜から京都を抜けて大阪に至るルートを計画していました。 1日目の様子はこちら: 1000mile Grand Touring 2018-Day-1 | Scientist on the motor 福井の美味い肴と酒に頭まで浸かった翌朝は、吹き抜けからの日差しと無垢床の香りが心地いいKさん宅で起床しました。昨晩は楽しさから数々のご迷惑をおかけしました…。その上暖かい朝ごはんまでご馳走になり恐縮しきりです。 居心地の良さに後ろ髪をひかれながらも、春らしく青く抜けた空を見ると走りたくてたまらなくなります。昨日あんな走ったのに…この感覚はオートバイに乗り始めてから変わりません。 「そいじゃ俺も準備すっかな!」とジャケットを着てブーツを履くKさん、この日は敦賀まで一緒に走ってもらえることになりました!しかも愛車はDucati sport1000なので、日独英伊四ヶ国のトラディショナルツインによるGrand Touringとなったわけです。 まずは住宅街を抜けて街中にある映えそうなカフェで一服。近所にこんな素敵なカフェがあるなんて羨ましいです。誰か喋る度に酒臭いような気がするような朝に爽やかな自家製のレモネードが沁みました。 またうっかり長居しそうになる前に各車に火を入れ、三国港、九頭竜川を越えて海沿いの「漁火街道」へ。6年前くらいにW650で走って最高に気持ちよかったこの道は3年前に偶然再会が叶い、また縁あって走ることができました。 三国からは右手に大きく広がる空と海に抱かれるように、心地よいペースで走ることができます。連休中とあって交通量は多めでしたが、無粋な信号が水を差すこともありません。 青く抜けた空、深く輝く海、そんな青を写したかのようなガソリンタンク。高揚した気持ちを代弁するように弾むエンジン、はしゃぐように地面を蹴るタイヤ、シンプルだからこそ一緒に走れる、人馬一体を確信できる瞬間というのは、走り回ったからといっていつでも得られるものではないと思います。