naka2hi104.com
卒業記念四国ツーリング5日目 檮原-中土佐 | Scientist on the motor
7時頃朝の寒さとともに起床。やっぱ山の中は寒いです。電気ストーブレンタルと布団(各300円)したけどやっぱ寒いよ。 ちょっと洗濯物が溜まってきたので管理棟にあるコインランドリーで洗濯。談話室にあるバイク雑誌を眺めながら、昨晩檮原町内で買っておいたカップヌードル+かつおの刺身で朝食。9時過ぎに出発。まずは「四国の屋根」と呼ばれる四国カルストを目指します。「カルスト」については以下wikipedia参照。 カルスト地形(カルストちけい、独: Karst)とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水などによって溶食されてできた地形である。 「カルスト」という語は、スロベニアのクラス(Kras)地方のドイツ語名に由来する。この地方には中生代に形成された石灰岩が厚く分布し、溶食による地形が多く見られるため研究が最初に進み、後に同種の地形を表す呼び名として「カルスト」がヨーロッパで広く使われるようになった。 要するに石灰岩由来の変化に富んだ地形ってところですかね。 檮原町内で給油し、国道440号線を使って北上。ライダースインの管理人さんに聞いてはいたけど、これがなかなかの酷道。 この写真なんてまだ甘い方です。2メートルくらいしかない道幅。ガードレールなし。落石多数。ものすごい高低差。「一気に駆け上がる」という表現がぴったりです。しばらく頑張ると徐々にに景色が開けてきます。 地芳峠方面から天狗高原側へ。尾根の上の道なので右も左も山だらけ。 これがカルスト地形。石灰岩があちこちにむき出しになってます。夏場は牧草に覆われてコントラストがきれいなんでしょうけど、時期が時期なので若干殺風景放牧されている牛さんもおりません。路肩には雪も残ってたしね・・・。普通に夏来るべきスポットですねw 条件が良ければ太平洋やら雲海やら見えるらしいです。この日あたりは丁度黄砂が飛んできてたみたいで遠くまでは見通しがきかないですね。 整備された林道をから、国道197号を経て国道439号へ。 今日は四万十川巡りです。 しかしまたこの439号が酷いwこれまでの酷道に輪をかけた狭さです。片側に四万十川の支流である檮原川、もう片側は岩壁。もちろんガードレールもないし、9割ブラインドコーナー。神経すり減るのなんのって。