naka2hi104.com
Z900RSの試乗 at Kawasaki PLAZA宇都宮インターパーク | Scientist on the motor
販売開始から売れに売れているというKawasaki Z900RS、熱も冷めない昨年末に実車を見に行ったKawasaki PLAZA宇都宮では「試乗車を準備する」との事でした。 なかなか宇都宮で時間を作ることができないまま半年が過ぎてしまったこの夏、ようやく空き時間に試乗することができました。 試乗予約はお店のWebサイトからできました。ただ、繁忙期にも関わらず前日の夜に予約してしまったため、スタッフの方にはお手間をかけてしまいました。試乗の際は余裕を持って予約しましょう。 試乗の際の装備について質問すると、ヘルメットとグローブは持参し、靴はブーツが好ましいが、スニーカーなどでも構わないとの事でした。 装備を揃えて予約時間にお店に向かってから気づきました。猛暑日のこの日、意気揚々と自動ドアをくぐった私の上半身は普通に半袖Tシャツだったのです…。自分のオートバイに乗るならまだしも、試乗ですから半袖が推奨されるわけがありません。「くれぐれも安全運転でお願いします」との注意に平謝りしてから誓約書等の書類の確認をしました。 店員さんから車体を預かると、予想通り車体の引き回しは軽快でした。重量的にも200kg台前半ですから、W650と同じくらいですね。車体に跨るとさらに重さを感じにくくなりました。この辺はアップライトな姿勢と重心の位置によるものなのでしょうか。気になる足付きは思ったほど良いわけではありませんでした(身長170cm男性)。我が家のアンコ抜きZと同じくらいでした。 キーオンで回るメーター針の演出に心踊ってしまいました。よく考えたらこういう演出のある乗り物に乗ったことがありません。こういうの良いですね…。セルスターターがON/OFFスイッチかのように回り始めるエンジンは実に軽快で、文字通りどこまでも回りそうでしたが大人なので我慢です。スロットルに応じて聞こえてくるエキゾーストはうるさすぎず、かつ不満に思わない絶妙な味付けだと感じました。 いざ発進!と、クラッチとシフトタッチの軽さに驚きました…これも旧車乗りの悲しいところでしょうか。クラッチをゆっくり繋ぐと低回転から十分すぎるトルクがあり、大げさに言えばアイドリングで走れるんじゃないの?というくらいです。