naka2hi104.com
Taste of Tsukuba 2018 "SATSUKI STAGE" | Scientist on the motor
数年前から興味を持ちながらも、都合が合わずに観戦を見送りつづけたTaste of Tsukuba(以下TOT)、2018年皐月の陣でついに観戦することができました。 国産旧車といえばこの彼、会社の後輩Mくんを誘ったらありがたいことに二つ返事で来てくれることになりました。どちらかといえば旧車テイストで走り系のスタイルが好みであろう彼にはドンピシャなイベントだろうという予想が的中しました。 「駐輪場に入れないくらい混雑する」と聞いていて、どんな事になるのか不安だった会場は9:00時点で思っていた以上に空いていました。少ないながらも"いかにも好きそうな"オートバイが並んでいて早速気分が盛り上がってきました。以前ご一緒させて貰ったことのあるヨンフォアのKさんもいらっしゃいました。好きですね~。 サーキットから聞こえる空冷四気筒のエキゾーストに、メインスタンドの階段を駆け上がるとたくさんの旧車が目の前を走り抜けていきました。その想像以上の速度と迫力に早くも感無量な我々。 このTOTに出る選手の一部は私がいつもお邪魔しているMCFAJクラブマンロードレースにも出場しているようで、確かに見覚えのあるマシンもありました。 怠けてiPhoneしか持ってこなかったので、写真はこの程度で限界です。 観戦前に予習をサボっていたので、第一ヘアピンのスタンドで見学しながら各クラスのレギュレーションとTOT自体について調べました。イメージの強い70年台の空冷四気筒だけでなく、中排気量や2stのクラスなど、たくさんのクラスがあるんですね。2stレプリカが活躍するクラスタイムスリップしてしまったかのように雰囲気抜群でした。 このTOT、以前は1日開催だったのが去年くらいから2日開催になったそうで、この日の午前中のスケジュールはD.O.B.A.R-2、ZERO-2、ZERO-4、MONSTER各クラスの予選後、練習走行なんだそうです。到着直後に見たド迫力の走行はMONSTERの予選だったようです。