naka2hi104.com
2018年Legend of Classic第1戦 筑波サーキット | Scientist on the motor
今シーズンも全日本クラブマンロードレース Legend of Classicが始まりました。ありがたい事に今年も大阪の極東Club ObsoleteのJ君、DGさんのサポートとして第1戦に参加することになりました。 本格的にこのチームのサポートさせてもらって2シーズン目になりましたが、やはりレースの朝は早いです。7:00到着を目標に6:30に筑波サーキットに到着したところ、もう既にほとんどのスペースが埋まっておりました。昨シーズンはこんな早かったかな?皆さん第1戦で気合が入っているのかもしれないですね。 テントの設営を終えたら受付、装具チェック、車検と済ませていきます。今シーズンから?ヘルメットの基準が厳しくなったのか、J君が新調した現行BELLは継続使用が難しそう…。実質的にARAIしか選択肢が無いってのも厳しいですね。 毎回指摘事項を改良している車体にも新たな指摘があったりと、安全を担保するために運営の方々も真剣ですので、横に立ってるだけの私も毎回緊張します。 今回の極東Club Obsoleteは昨年#115から#150になったJ君のRobNorth Trident、#20はDGさんのNorton Manx、さらに今シーズンから参加されるKさんの#6 BSA DBD34 Gold Starが増えました。 また姉妹チーム?のジミヘンレーシングSさんのNorton Dominatorがテントに加わって贅沢な英車博物館状態になっていました。もう全部かっこよくて意味がわからないですね。 このKさんのGold Starのなんとかっこいい事…。Gold Starは初めて見たわけではなく、他の旧車イベントでも何度かお目にかかったことがありましたが、こんなに魅力的に見えるのはサポートで、距離が近かったからでしょうか。 シンプルながら現代にも影響を残しているであろうデザインを纏った車体と、エンジン始動で聞いたビッグシングルの咆哮がまた私の悪い虫を呼んでいるようです…買えないけど。 いつもお世話なっているT.R.Companyからは社長のロイヤルエンフィールドレーサーとCB93、Norton Commando、Ducati diana、H-Dの大所帯でした。