naka2hi104.com
Z750four・Ducatiと行く連休の箱根〜伊豆ツーリング | Scientist on the motor
福井・大阪ツーリングから帰ると地元栃木のバイク仲間、Wくんからツーリングのお誘いがありました。「いまビーナスラインにいるんだけど明日お前んとこ行ってもいい?」と旧友らしい藪から棒な連絡。以前、栃木からアクセスし辛い箱根伊豆方面を走ったみたいという話をしたことを思い出し、提案してみると二つ返事で決定となりました。 前日夜は拙宅に宿泊してもらい、朝はのんびり目の時間に出発しました。予想通り東名下りはそこそこの混雑で、海老名SAの駐輪場もご覧の通りの賑わいでした。これはちょっと嫌な予感がしてきました。 「定番の箱根伊豆コース」というリクエストでしたので、東名から小田原厚木道路、ターンパイクで大観山に登るときれいに富士山が見えました。 インカムからWくんの「うおおおフジサーン!」という叫び声。私も初めて来た時は間近に大きく広がる富士山の姿に感動したのを覚えています。何度来ても贅沢な気分になれますよね。 大観山はミーティングも行われていたようで、奥の駐車場は二輪四輪問わずに大混雑でした。賑やかで人気ツーリングスポットらしい雰囲気といえばそうですが、やはり連休中はすごいですね。 大観山から伊豆スカイラインを降りるまでは心配したほどの交通量はなく、山の上らしい涼やかな空気の中、気持ちよく流せました。Wくんは攻めたかったでしょうけど、初見の峠で頑張ってもロクなことはにはなりません。 冷川峠で伊豆スカイラインを降りて下田街道に出るまでの峠道、度々視界に入るわさび田が気になったので休憩を兼ねて寄り道しました。いつも一人で伊豆に来ると山を走ってばかりになり、こういう静かな場所でゆっくりする事を忘れていました。石垣を組んだ棚田を落ちる清流と、きれいに並ぶわさび、沢を抜ける風が気持ちよく春らしい雰囲気を満喫できました。 いい気分で下田街道に合流すると交通量が急増しました。連休ど真ん中ですからこれくらいは覚悟の上、とはいえ道幅の狭く勾配のある一本道の渋滞はロードサイド店舗への右折待ちが原因だったりと、ストレスの溜まるシチュエーションもしばしばあり…。