naka2hi104.com
Z750fourと夜の湘南 | Scientist on the motor
バイクに乗れず悶々としていた日曜の夜、SNS越しに走るバイクを見ているうちに、不安定な天気の中走り出してしまいました。 第三京浜から道を乗り継ぎ、長い針が一回りする頃にWさんのガレージにお邪魔しました。夢中で走ってきたためか愛車の腹具合を把握できず、気が付いたらわずかな残量…。近くのガソリンスタンドを伺うと、それならとWLAから分けて頂ける事になりました。お邪魔した上にバイクの飯まで面倒をみていただいてしまい恐縮です。 しかしこのガレージの密度の高さ。世の中には想像の上を行く凄い人がいるんだよと家族に見せたいです。視界に入る全てが男の憧れ、と口にするのも野暮なもので、整然と積まれてきた時間の重さすら感じました。 時間を忘れ、気がつくと遅くまでお邪魔してしまいました。帰りのルートにあった朝比奈峠は日中の混雑を思わせないほど人の気配がなく、墓だらけの不気味な雰囲気の中でも気持ちよく走れました。 「湘南行くならZでしょう」と久しぶりに引っ張り出したのですが、だいぶバッテリーが弱っているようで、ヘッドライトを点けた状態では回転数を上げないとETCすら作動が厳しい事態になっていました。最近Wばかり乗っているのに、都合のいい時だけ引っ張り出すとこういう事になります。恐らくバッテリーだと思いますが、乗りっぱなしはダメだよという良い例です。 最近Wばかりに夢中になっていましたが、四発の滑り出すように滑らかな加速がとても官能的に感じました。本当に美しくて官能的なオートバイだと思います。都合の良いことばかり言っていないで、まずはバッテリーのチェックから…