naka2hi104.com
Z750fourとある週末の第三京浜 | Scientist on the motor
先週末に思い立った勢いで駆け上がった真冬の第三京浜、まさかの群馬からXくん登場という驚きの展開で予期せず刺激的な時間になりました。 R100RSとある週末の第三京浜 | Scientist on the motor SNS全盛の今日、こんな話が昔の仲間にも伝わったようで、XSに乗るAさんから「私も第三京浜行きたい!!」と熱い連絡をいただきました。さらに最近やり取りさせて頂いているWさんも来てもらえるかな?と密かに期待していたところ、タイミングが良かったようでお忙しい中ご一緒できることとなりました。 今週は少し遅めの21:30に保土ヶ谷着でした。出発前から分かりきっていたことですが、先週のR100RSとは比べ物にならないほどの体感温度に何度もスロットルを握る手が緩みそうになります。しかしこんな時に調子の良いZのエンジンは、そんな弱気になる私を鼓舞するかの如く高回転まで跳ねるように回ってくれるのでした。 【2km 保土ヶ谷】の案内板が見える頃にはほとんど寒さを感じなくなっていましたが、バイクを降りた途端に冷たい空気が爪を立てるようでした。震えながら自販機から流れるコーヒールンバを聴いていると、隣に並んだ男性から笑顔で「寒いだろ?」と一言。ただの「寒いだろ」ではない、この寒い夜に好き好んでバイクで走るような人間の何かを知っているかのような声と表情。『寒いですね』一言だけ返事をするとにっこり笑って去っていきました。 暖かい紙コップを両手で持って外に出るとWさんが到着されていました。まさかこんな形でお会い出来るとは思っていなかったので嬉しさの一方緊張しておりましたが、私のような若輩者にも丁寧にお話を聞かせてくださいました。 多くの名車を所有されているWさんですが今日はZ1でした。Z750fourに乗り始めてから同じZ乗りとなかなか交流を持てない中、こうしてZを2台並べられる機会に恵まれ口元が緩んでしまいます。WさんのZ1は各パーツを調達してご自身で組み上げられたとの事でした。ピカピカ外装も良いですけれど、当時物と思われるペイントが一朝一夕では得られない重厚な雰囲気を出しておりました。やっぱり四本出しのルックスは最高ですね。