naka2hi104.com
週末のT.R.CompanyとSR400の試乗 | Scientist on the motor
W1SAの興奮冷めやらぬままT.R.Companyの駐車場へ出ると、この冬には珍しい陽気に誘われてか、次々とお客さんが愛車で乗り付けておりました。「ええ~あのW1もう売れちゃったの~!」なんて会話に恐縮しきりです。 さてそろそろ帰って嫁さんにまたお礼を言わないと…と思っていると、突然Tさんから「俺のSR乗ってみてよ。ノーマルに戻したから乗りやすいよ」と声をかけられ、急遽試乗会の運びになりました。確かにSRといえば昔に友人のカスタムにカスタムを重ねた車体に少しだけ乗らせてもらっただけだったので、ノーマルのSRは未体験でした。 ノーマルって言ってますけどめちゃくちゃセパハンじゃないですか。久しぶりすぎてポジションキツいですよ。「いや大丈夫だから、これデコンプね」キック一発で始動したエンジンはシングルらしいはっきりとした鼓動感を発しながらも、右手の動きにダイレクトに反応する軽い吹け上がりです。メガホンマフラーのエキゾーストノートもレーシーで気持ちいいいですね。そうか、マフラーもノーマルじゃないですね。 セパハンでも車体が軽いので取り回しに困ることもなく、クラッチを繋ぐとするりと走り出しました。初め跨ったときにはこんなに柔らかいんですか?と感じた足回りはしなやかにストロークし、路面のバンプをスムースにいなしつつ、適切な情報を伝達してくれているのを感じます。 それにしても目を見張ったのはそのパワーの出かたです。使い古された言い回しですが、どの回転域からでもトルクを取り出すことができ、右手を捻るだけタコメーターの針が跳ね上がります。普段散々重いバイクに乗っている私にとって車体の軽さがショッキングであることは予想通りでしたが、足のしなやかさ、400cc単気筒というイメージをかき消すような力強さが衝撃的でした。 いつもの試乗ルートを一周する間、本当に楽しくて、さっきまで散々熱を上げていたW1SAのことを少し忘れそうになりました。このバイクで峠を走ったらすごい楽しいんだろうなあ…。 帰ってきて再度車体を見てようやく気づきました。キャブレターがCRじゃないですか!ぜんぜんノーマルじゃないじゃないですか!「昔の仕様からしたらほとんどノーマルだよー」との事でしたが、CRキャブのSRってこんな乗り物になるんですね。ウチのZもCRにしたらどうなるのかな…