naka2hi104.com
第2回 ユルいクラシック系走行会 "All Chickens Meeting" | Scientist on the motor
2013年10月10日に山梨県韮崎市のスポーツランドやまなしで開催された「第2回 ユルいクラシック系走行会」に参加して参りました。今回はT.R.Companyさんで整備してもらったばかりのZ750fourで参加しました。 ユルいクラシック系走行会公式Blogはこちら: 開会のご挨拶は今回も企画運営の要となるchiemi姉さんとT.R.Companyの高橋社長。いつもお世話になっております。 開会式の後は恒例のみんなでサーキットウォーキングです。前回大好評を博したこのイベント、今回も大所帯ですね。 前回の様子:第1回 ユルいクラシック系走行会 "All Chickens Meeting" | Scientist on the motor 戻ってきたら灯火類にテーピングして、ミラーを外して準備完了です。綺麗に整備されたクラシック車両ばかりが並ぶ中、公道復帰したばかりの小汚いカワサキ旧車が浮きます! 走行枠はクラス別になっており、各クラスたくさんの走行枠に皆さん大満足です。しかし私は走りすぎて体力があやしい事に…やっぱりサーキット走行は体力使いますね。 今回満を持して投入のZ750four、ようやく自分のバイク感が出てきたところですがまだまだ乗らされている感じです。走行タイムは前回のW650と比較して随分遅くなりました。だってすごく重くて止まらないんですもの。Z系の諸兄が走り系の改造に熱心になる気持ちが少しばかりわかった気がしました。 自分の走行を撮影してもらえる事があるのが走行会の良いところのひとつだと思います。ツーリングではなかなかバイクに乗っている写真は撮れませんから、客観的にバイクに乗る自分を見る事のできる良い機会です。何が言いたいのかといいますと、そこまで乗らされている感じに見えなくて安心しました。 そして「ユルい枠」で参加したラビットS301。会場まで運んで頂きありがとうございました。重いように思われる鉄スクーターですが、Zに比べると自転車かと思うほど軽いし、小回りが利いて意外なほどサーキットで走りやすいバイクでした。