naka2hi104.com
W650アップハンドルをコンドルタイプへ交換 | Scientist on the motor
ブリティッシュトラディショナルなカフェレーサースタイルに憧れていたはずのW650、気がつけば旭風防、W3タンク、チャンピオンバッグ、エンジンガードと、すっかり「ジャパニーズトラディショナル」仕様になってしまいました。どうしてこうなったの?と自問自答を繰り返す日々、しかし自分の趣味趣向に従っていたらこうなってしまったので仕方ありません。 しかしまだカフェレーサーへの憧れを捨てたわけではありません。カフェレーサーといえば低く構えたクリップオンハンドルです。しかしクリップオンにするとトップブリッジの処理が悩みどころになるため、純正トップブリッジを活かす事のできるコンドルハンドルを探していました。長いことWebで探しておりましたが、ついにトマゼリ製コンドルプラスが届いたので、年明けも早々に取り付けてみる事にしました。 TOMMASELLI:トマゼリ コンドルプラスハンドル(270-284316004) | ウェビック まずは旭風防を外しましょう。しかし汚いですね…一度洗濯した方が良いのかもしれませんが、きっとこれがエイジングという事と信じて、無粋なことはしないことにします。 久しぶりに見た風防無しの姿。心無しか寒そうに見えますね。 風防が外れたら早速作業開始です。まずは左側スイッチボックスを外し… クラッチレバーを外します。 マスターシリンダーは逆さにならないようにライトステーの上へ固定しました。 ハンドルが取れるとずいぶんすっきりした印象になりますね! 風防+アップハンのジャパニーズスタイルより、ハンドル周りはすっきりさせた方がカッコ良く見える気がしてきました。良いですね!しかし昼間とはいえ、日陰に吹く北風に身体が冷えてきてしまったので少し休憩…のはずが、暖かい部屋に戻ったら暗くなるまで昼寝してしまいました。 本当は次回のツーリングに間に合わせるつもりだったのですが、寒いし暗いし先に進めなくなってしまったので、渋々元の状態に戻して作業終了としました。こんな時屋内ガレージがあれば作業し放題なのですが、そんな贅沢言っても始まりません。皆様もお外でのバイクいじりは計画的に…。 作業再開