naka2hi104.com
W650で行く甲州極寒ツーリング (2/2) | Scientist on the motor
山梨県山梨市のビジネスホテルで起床しました。久しぶりにまともな朝食をとりつつ窓の外を見るも、相変わらず重い雲。前日までの予報では晴れで暖かくなるはずだったのですが…。しかし1日目は雨のスタートだった事を考えれば、どうと言う事はありません。ということで、予定通り御坂みちから河口湖方面へ。 河口湖 (気温0℃) 確かに、確かに雨は降っていないし、路面が凍結しているわけでもない…がバイクから降りて初めてバカみたいな寒さに気付きました。それにしても酷くベクトルの違うこの2台。共通点は乗り手の頭が悪い事です。 夏場は避暑地として観光客でにぎわうこの大池公園も、ほとんど人の影無し。鼠色の重苦しい空模様から陰鬱な気分になりそうなもんですが、そこはバカなバイク脳。寒すぎてテンション上がってきました。しかし、世の中テンションだけでどうにかなる事ばかりでないわけで、 山中湖 (気温-1℃) 山中湖湖畔では路面凍結、ついでに雪も舞ってきました。こりゃまずい!ってことでコンビニに避難したら駐車場がみぞれになっててバイク押して歩くのも一苦労!でも震えながら信号待ちしてたら観光客に写真撮られてちょっと嬉しかったです。 しかし流石にこのまま峠越えは無理なので、大人しく東富士五湖道路まで戻って、御殿場方面へ抜ける事にしました。有料道路に乗ると路面は随分マシな状態になり、こりゃ御殿場まで抜けりゃ一安心だな~なんて思った矢先、目に飛び込んできたのは 「トンネル出口 ユキ注意」 まさかこの掲示をバイクに乗りながら見ることになろうとは。注意って一体何に注意すりゃ良いのよ…と絶望感に包まれながら抜けたトンネルの先は軽く吹雪で、思わず笑ってしまいました。 さて、どうしましょう そんなわけで命からがら御殿場市のファミレスに逃げ込んだのだった。何ここ超暖かいんですけど。超安全策を取るならこのまま御殿場ICから帰路へ就くことになるのですが、時刻はまだ11:00くらいだし、この先これ以上酷い天気になる事は無いんじゃない?ってことで、体温の回復次第、予定通り箱根・芦ノ湖方面に駒を進める事にしました。 芦ノ湖 (気温2℃)