naka2hi104.com
Honda Collection Hall 開館20周年 市販製品特別走行 | Scientist on the motor
レンタル耐久レースから明けた翌日は、ツインリンクもてぎで行われた「市販製品特別走行」を見学しに行ってきました。 ツインリンクもてぎにあるコレクションホールに展示されている車両は基本的に全て動態保存されている事は有名かと思います。その動態をテストする日が年に1、2回設けられることがあるのですが、一般公開されなかったり、されたとしても平日だったりと、一般民には参加ハードルの高いイベントだったのです。今回はコレクションホールの開館20周年記念ということで、7月と9月の祭日に市販車の特別走行が企画されたのでした ということで家族を道連れにツインリンクもてぎへ向かいました。二日連続のサーキットに家族のあきれ顔が浮かびますが、息子の英才教育ということでご理解頂ければと思います。ツインリンクもてぎはサーキットだけでなく、子供も遊べる施設が充実していますので、家族でお出かけと称してお父さんは趣味を満喫、なんて事も可能なのです。さすが世界のHONDAさんは抜け目ないですね。 早朝から鼻息荒く会場入り、というわけにもいきませんので、開場30分後の10:00ごろ到着しました。会場に表示されたスケジュールを見るとご覧の密度です。うまいこと年代とジャンルが分散して、複数層が楽しめるような構成になっています。逆に言えば、見たい車両を見ようとするとキリがないという事…。 残念ながら、到着するとすぐに車両入れ替えの時間になってしまったので、展示されている車両を見学することにしました。これだけでも十分楽しめそうです。 きちんとこの時代からの車両が揃っています。 最近になってようやく二気筒CBの格好良さが分かるようになった気がします。分かるようになったところで手が届くようなものではありませんが…。 このCB450のクジラタンクも数年前に友人が格好いいと言っていた時はいまいちピンと来なかったのですが、改めて見ると唯一無二の存在感と渋さがありますよね。60年代にして初のDOHCを積んだ大排気量車というバックグラウンドにも痺れます。 CB750は宗教上の理由で乗れませんが、一度乗ってみたい車両です。