naka2hi104.com
AUTOMOBILE COUNCILE 2018 | Scientist on the motor
後輩R.Iの四輪旧車熱がここ最近で高まっている様子でした。Discovery Channelのレストア番組を気に入ってからというもの、元々あったクルマ好きに火がついてしまったようで、「クルマって詳しいですか?」と声をかけられてからは会うたびにクルマの話になります。あれが欲しいこれが欲しい、できれば旧車に乗りたい、やっぱり60年代の欧州車…と、だんだん雲行きが怪しくなってきました。 そんな折、いろいろな自動車番組を見ているうちにこのAUTOMOBILE COUNCILEの開催を知り、いろんな車を見る事ができそうなので参加したいとのことでした。私もCAR GRAPHIC誌でこのイベントの存在は知っていたものの、すこし縁遠く感じたこともあり、参加するには至っていませんでした。これは渡りに船、ということで幕張メッセまで足を延ばしてきました。 AUTOMOBILE COUNCIL | オートモビル カウンシル 会場は幕張メッセを2~3区画使用する規模でした。思っていたより見応えがありそうです。そしてWebサイトの様子から薄々感じていましたが、我々庶民より上流の方々がターゲットのようで、他の展示イベントに比べて全体的にゆとりのある雰囲気になっています。 そんな予感どおり、会場入っていきなりBENTLEYです。しかしむやみに高級車を並べているわけではなく、展示された車両の系譜を辿れるよう、歴代のモデルが並べられている点にエンスージアズムを感じます。 一番奥に鎮座していた1929年式 Bentley 4 1/2Litre "Brower"の存在感は圧巻でした。そしてプライスタグにも圧巻…。隅々まで芸術品のような気高さと質感が感じられます。 新型アルピーヌにとっては待ちかねていた展示でしょう。今回最も映える展示のひとつでした。二輪業界も往年の名車をリバイバルさせる潮流が強まっていますが、無闇に先祖の恩恵に与るわけではなく、きちんと現代流の解釈が形になっているモデルこそ魅力的だと思います。 もちろん国産車も展示されています。トヨタは少しレトロに振りすぎていたところが個人的にはいまひとつでした。もう少し現代モデルにも寄ってほしかったですね。 日産