naka2hi104.com
2018年 北関東旧車会チャリティー部品交換会 | Scientist on the motor
週末は毎年恒例の北関東旧車会連合による部品交換会に行ってまいりました。これで2013年からほぼ毎年の参加になります。 去年の様子: 2017年 北関東旧車連合会チャリティー部品交換会 | Scientist on the motor 記憶が正しいか分かりませんが、例年であれば明確な開催時間が指定されず、夜明けとともにスタートという事になっていました。しかし今回事前の告知によると一般開場は6:00からの事でした。 早い者勝ちを競うほど狙った目標があるわけではなく、あのお祭り雰囲気が目的なので6:00現地到着を目標に出発しました。それでも神奈川からは4:00出発…。 この季節は朝晩の気温の変動が激しく、適切な服装が難しいので調節しやすいよう厚めに重ね着し、下道で都内を抜けて外環へ。川口から東北道に乗り換える頃には寒い寒い。油断したスリーシーズングローブが耐えられず、指先がかじかむ始末でした。 二年前はもう少し北の渡良瀬遊水池の土手側が会場でしたが、今年は公立体育館のある広い敷地が会場でした。やはり年々参加者が増えて、出店スペース、駐車スペースの確保が課題のようです。 予定通り6:00丁度に到着したにもかかわらず、会場はこの盛況ぶりです。到着と同時に偶然出会ったのは埼玉が誇る同世代エンスージアストのZさん。もう既に両手に鉄クズ(失礼)を抱えて満足そうな表情を隠しきれない様子です。 お馴染みのお店から、掘り出し物価格のお店まで、相変わらずバラエティに富んだ品揃えで、何も買わなくても楽しめます。 それでもせっかく来たのだから何か欲しいな、と思うとなかなか難しい。ブルーシートの上に雑然と広げられたパーツ類から、その出店者がカバーする大まかな車種・ジャンルを想定し、自分の車種に適用可能かを判断→守備範囲内であれば目ぼしいものがあるか探索、あれば値段を聞いて、品物の状態と市場価格とを天秤にかけて財布と相談。という処理を数十秒で繰り返し行なっていくわけですから、結構頭を使います。早い者勝ちっていうところも緊張感を盛り立てますよね。 YAMAHAの2stレーサー? 今回やけに出品数が多かったTACTは1万円でした。