naka2hi104.com
第33回 箱根W1ミーティング(2018.6.13) | Scientist on the motor
ついにやってきた箱根W1ミーティング、全国津々浦々からWに乗るエンスージアストが集結する一大イベントです。W650に乗る頃から参加してみたいなと思いつつ、機会を得ることができないまま10年弱、ついにW1SAに乗って参加することができました。 前日は群馬から来てくれたMくんが拙宅に前泊し、翌日のミーティングに向けてささやかな前夜祭を楽しんでいると、昼間お世話になったT.R.CompanyのGさんから「明日は7時に海老名SAに集合でいいですか~?」との連絡をいただきました。あれ?Gさんも行けるんですか?? というわけで翌朝7:00に東名海老名SAに集結した3台。予報通りずっしりと重い空模様ですが、幸いここまで雨粒を受けることはありませんでした。朝食を済ませて小田原厚木道路で箱根方面へ向かうも、ここまで遭遇したWは海老名で見たW800か1台のみ…。 嫌な予感がする胸の内を見透かすように、箱根新道に入るとシールドに水滴がつき始め、気温の低下と共に霧で視界が悪くなってきました。先行車のテールランプを頼りに芦ノ湖湖畔のコンビニまで辿り着き、暖かいコーヒーで暖をとっているとSNSに「本日中止」の文字を見つけてしまいました。雨脚こそ強くないものの、視界の効かないこの天気では開催が難しそうです。 しかしここまで来てしまったのだから、会場の十国峠レストハウスを覗いてから帰路につきましょう、という話になりました。同じように会場近くまで来た方や、現地で開催可否を判断した運営の方々もいらっしゃるかもしれません。 芦ノ湖湖畔から十国峠方面に向かうと視界はさらに狭くなり、加えて尾根を抜ける横風やテカテカに濡れた路面が集中力をゴリゴリ削っていきました。「あと何キロくらいなんすか~」とインカムから聞こえるMくんの声にナビを確認する頃、霧の向こうからWの排気音が聞こえてきました。 会場に着くと私達の他に5~6台のWが到着されていました。「今日は中止みたいですよ」「ええー!今知りました!」なんて会話をしている間にも続々と近づくWの排気音。こんな天気でも皆さん笑顔で、このイベントを心待ちにしていたのが分かります。