naka2hi104.com
第一回秋ヶ瀬公園W1ミーティング | Scientist on the motor
さいたまを堪能した後は今回の大きな目的のひとつである秋ヶ瀬公園W1ミーティングへ向かいました。W1は私とZさんの二台のみでしたが、第一回なので告知が足りなかったかもしれません?一台BMWが写っていますが持ち主が「Wさん」なので参加資格を満たしております。 私と同じようなタイミングで、同じように無理をしてW1SAを買ってしまったZさん。私より旧車二輪の深みにハマってる人と価値観を共有できるのは大変光栄な事です。 ここまで一緒に街中を走った印象に加え、2台のWを敷地内でゆっくり乗り比べた結果、いくつかの感想を持ちました。 まずエンジンからの振動が2台とも同程度であることです。私のW1SAは以前友人から借りていた650RS(W3)と比較すると振動が少ないと感じており、これはクランクシャフトのバランス修正が行われている為と考えていました。 しかし乗せてもらったZさんのWは腰下未OHという事ながらほとんど同程度の振動であり、バランス修正を行わなくとも状態の良い車両は振動が少ないことが示唆されました。一方で、バルブタイミングや点火時期、燃調などによっても振動は変化すると思われますので、クランクの個体差、というよりはその車両のトータルな状態を示すバロメーターと考えるべきかもしれません。 また、彼のWにはもちろん純正のミクニVM28が装着されていますので、AMAL Mk1が載ったW1SAにしか乗ったことがない私には興味津々でした。 結論から言うと、想像以上に乗りやすく、見方によってはAMAL Mk1より扱いやすい場面もあると思いました。今まで扱いやすいと思っていたAMALはミクニに比べるとゼロ発進がしやすく、高回転へのパワーの出方がわかりやすい一方、パーシャルからのアクセルワークのツキはセンシティブに感じました。「W走り」と言われる?ズダダダタッ……ズダダダタッ……という走り方はミクニの方が扱いやすく、皆さんがそういう走り方になるのがよくわかりました。 ただ、現在のAMALのセッティングは走行するには問題ないものの、気温の上がってきたこの季節においてはベストではないかもしれません。セッティング次第ではフィーリングが変わる可能性もあるのでしょうか?