naka2hi104.com
Ducati Sport 1000と400SS | Scientist on the motor
先日の箱根伊豆ツーリングの際、Wくんにお願いして彼のDucati Sport 1000に乗らせてもらいました。また、その直後にTくんのDucati 400SSにも乗せてもらうことができました。バイク歴20年弱にして初のDucati体験です。 70年代の名車750Sをモチーフに2005年に発売された、いわゆる「ネオクラシック」モデル。20代そこそこにこのバイクを手に入れた彼と行くツーリングでは、その国産車にない存在感に皆の羨望の的でした。間違いなく私のオートバイ感に影響を与えた一台です。彼いわく「この一台で現在のネオクラシックブームに火がついた」とのことですが、日本国内ではW650が2001年、海外ではヒンクリーボンネビルが2001年の発売でありますから、パイオニアでなくとも2000年代から始まったネオクラシックブームの潮流を作った一台であることは間違いなさそうです。 その後彼の趣向により、さらにレーシーでスパルタンな車両になっていきました。「運転で特に気をつけることはないと思うよ」という彼の言葉を鵜呑みにしないようにゆっくりと跨ると、クリップオンハンドルに高く上がったバックステップが厳しい、いわゆる「土下座スタイル」でした。さらに追い打ちをかけるように厳しいのが、テールカウルにスポンジが貼られただけのシングルシートです。お世辞にも足つきが良いとは言えないシート位置にこの乗車姿勢ですから、駐車場から出るまでにギブアップしそうになりました。 しかし、一旦走り出してしまうと正に水を得た魚でした。DucatiのLツインはこれが初めてのはずなのにイメージ通りというか、期待を裏切らないフィーリングで地面を蹴飛ばす感触が得られました。純正よりさらに軽量化された車体とグリップ力のあるタイヤが、素人の私にでも走行性能の高さを訴えているようでした。