moto-com.biz
TwinTec Japan Version 解説 | Moto-Com
TwinTec EFI フルコントロールシステム Japan Version に興味を持って頂いたお客様、 または既に購入されたお客様、ありがとうございます。下記にこの商品について詳しい説明をします。 正しい知識をもって本当に良い商品を選ばれることを 願っての事です。 『安物買いの銭失い』ならまだ良いもので 『安物買いの命失い』では意味がありません。 大切な事柄も含まれるので長い文章ですが お付き合い下さい。【フューエルインジェクションについて】TwinTecをご説明する前に フューエルインジェクションとは何かということご説明します。漢字では『燃料噴射装置』と表します。 負圧で動作するキャブレターと異なり、 ポンプ圧力によって燃料を送り霧状に噴射します。キャブレター車の場合の大雑把な設定条件は キャブレターの中を通過する空気の早さに対する燃料の吐出量です。 それと・CDIやポイント式での点火タイミング(進角)調整です。現行の多くのモデルに採用されているインジェクションは "電子制御式インジェクション"="EFI"と呼ばれます。 これらは搭載された"EFIコントローラー"と呼ばれるコンピューターが 各種センサーを通して得られた環境・状況を解析して 寒さ暑さ、空気の濃さなどに対応するための この条件ならば、これだけの量を噴射するということと もう一方のコンピューターで この条件ならば、ここで点火するという 一覧表のようなものを格納しています。 その表から最適な噴射量と点火タイミングをそれぞれ探して実行します。 その判断に必要な条件付けのデーター一覧(表)を [マッピングデーター]と呼びます。【アフターマーケットのインジェクションコントローラー】H-D車に搭載された純正EFIコントローラーとは当然ながら H-D社ストックのサイレンサーとストックのエアクリーナーだけで 最適な動作をするように設計されています。 ストックの状態では幅広い感知を必要とされませんので 必要最低限のセンサーと調整範囲のコンピューターによって コストが抑えられています。アフターマーケットの吸排気パーツの組み合わせは無数に存在します。それら多くは吸排気効率が良い設計なので多くの場合不調になります。給排気系の変更に伴い吸気と排気に著しく変化したた場合―