motionworks.jp
Flame Family 2017 Service Pack 1 リリース | MotionWorks.JP
2016/6/1 Flame ファミリー製品の2017サービスパック1がリリースされました。このリリースには重要なバグの修正と新機能が含まれます。 ソフトウェアのシステム要件については、以下のページを参照してください。 Flame: Flare: Flame Assist: Lustre: CentOS 7.2のサポート Flame ファミリー製品の2017サービスパック1では新しいDKU(ver. 11.0.1)で、Linuxワークステーション上においてCentOS 7.2オペレーティングシステムをサポートします。 DKUとカスタマイズされたCentOSのイメージファイルは上記のシステム要件のページからダウンロードすることができます。 CentOS 7.2システム上にインストールする際に注意すべき点が幾つかあります。 CentOS / Red Hat 6とCentOS7ワークステーション間でNFSは非互換性です。Red Hat 6.2ではCentOS 7.2のワークステーションからNFS経由でデータを読み取ることができません。 Red HatのシステムドライブをCentOSにアップグレードすることはできません。古いシステムドライブをバックアップとして維持し、システムドライブを新規または交換してCentOS 7.2をインストールすることをお勧めします。 CentOSのインストーラを実行する前に、すべての他のディスク(セカンドドライブ、RAIDディスク、SANボリュームなど)を切断する必要があります。 詳細はFlame Family Installation Guideをご覧下さい。 CentOS 7.2でShotgunを使用する CentOS 7.2に付属するQTライブラリは、Flame- Shotgunインテグレーションでサポートされていません。そのため、Shotgun ウェブブラウザ インテグレーションとデスクトップラウンチャをCentOS 7