motionworks.jp
Autodesk FlameとShotgunの連携 | MotionWorks.JP
最近よく聞くShotgunですが…Flameなどのフィニッシング製品とのインテグレーションも行われており、Shotgunデスクトップから直接Flame Premium、Flame、Flare、Flame Assistなどが起動できます。 Shotgunって何? Shotgunはプロジェクトのトラッキング、レビュー、アセットマネージメント、VFXのためのツールセットなどセットにしたウェブサイトがベースのプロジェクト管理ツールです。 FlameとShotgunを組み合わせることで、ショットの管理とレビューを迅速に行うことができるようになります。 レビューと承認の重要性 編集者は編集やコンポジット作業において監督、プロデューサー、代理店などの承認を得ながら作業を進めます。多くの場合、スタジオに担当者を呼びチェックしたり、立会いが難しい場合にはチェック用のために作品の一部分を書き出し、圧縮し、サーバーにアップロードし、連絡のためにメールを送り…という作業を繰り返します。 編集者が独善的にならず、共同作業を行うためにはレビューが不可欠で、承認は次へ進むために必要なステップです。多くの煩雑な作業をShotgunのようなパイプラインツールキットに任せることでプロジェクトは円滑に進みます。 FlameでのShotgunの動作 最新のShotgunデスクトップのパイプラインツールキットにはFlameエンジンとショットを書き出すための「Flame Shot Export」、レビューを書き出すための「Flame Review Export」が含まれています。 Shotgun Engine for Flame 「Flame Shot Export」では、ショット名に基づきパブリッシュされた内容(DPXもしくはOpenEXR)とクリップのメタデータ、Batchのデータをローカル(もしくはネットワーク接続された)ドライブに書き込み、そこから作成されたムービーとデータのリンクをShotgunのサイトに送ります。「Flame Review Export」ではレビューのために作成された低解像度のムービーデータだけをShotgunのサイトに送ります。 Shotgunサイトに送信されると、登録されたユーザーに対し通知されます。 ShotgunではPython