motionworks.jp
【NAB 2016】Autodesk Flame 2017リリース | MotionWorks.JP
NAB 2016にてAutodesk Flame ファミリー(Flame Premium、Flame、Lustre、Flare、Flame Assist)の2017のリリースが発表されました。 Flame Unleashed 2015年IBCで発表されたサブスクリプションベースの新しいAutodesk Flame ファミリーでターンキーシステムからソフトウェアベースの販売に変わり、Flame、Lustreはそれぞれ単独でソフトウェアライセンス契約が可能となりました。FlareやFlame AssistはFlameのライセンスを所有していなくても契約でき、FlameはLinux版だけではなくOSX版もリリースされています。(LustreはLinux版のみ) ハードウェアの制限も無くなり、公式の動作環境をベースに自在にカスタマイズできるようになっています。 Flameファミリー動作環境 1ヶ月をベースに、3ヶ月ごと、1年ごとのライセンス契約が可能で、認定販売パートナー経由で注文できます。以前のように認証されたハードウェア環境で構築する場合は、認定販売パートナー経由でハードウェア購入及び保守契約を行うことが可能です。 詳しくは「Flame Unleashed」のページをご覧ください。 Autodesk Flame 2017 Autodesk Flame 2017では、幾つかの新機能と、ワークフローの強化およびユーザリクエストによる機能の改善が行われています。 Flame 2017 の新機能 2017バージョンの主な新機能は以下の通りです。 ■ Linux上で中間素材として圧縮されたAvid DNxHRを使用可能 ■ Flame 2017(Premiumを含む)Flare、 Flame AssistでSmokeデスクトップサブスクリプションで作成した内容を読取り可能 ■ Flameで10 ビットのグラフィックスモニタのフルビット深度を使用可能 ■ リソースマネージャーユーティリティ ■ Conform と Connected Conformの改善 ■ Canon XF-AVC、XDCAM-EX、DNxHR、DNxHDなどメディアインポートの改善 ■ Sequence Publish の改善 ■ QuickTime (.mov) で Avid DNxHR