mitsuna.jp
auのLTEプランとカケホの本当の違い、データ定額のせいでLTEフラットの存在感が薄い
※2017/7/11に新しく発表された「ピタットプラン」「フラットプラン」についてはこちらに比較記事を掲載しました。 今使っているスマホがどうにも古くなってきたので買い替えを検討してauの料金プランをチェックしてみたところ、どうにも不思議な料金システムになっていることが分かった。 ちなみに、今回チェックしたのはAndroid向けの料金プランなので、iPhoneの方は少し違うかもしれません。 2016年11月現在、auの4GLTEのスマホでは3種類の基本料金プランが存在する。それが「スーパーカケホ」「カケホ」「LTEプラン」だ。 「スーパーカケホ」は月額1700円(誰でも割)で、1度に5分以内の通話であれば無料のサービス。 「カケホ」は月額2700円(誰でも割)で、通話が完全に無料になるサービス。 「LTEプラン」は月額934円(誰でも割)で、auの携帯電話以外にかけると「20円/30秒」の通話料がかかる。 建前上は「LTEプランは通話しない人向け」で「通話する人がカケホを選ぶ」ということになっているが、実は基本料金プランに合わせて決められるデータ通信量のサービスに大きな違いがある。 「LTEプラン」で選べるデータ通信サービスは、「容量7GB」の月額5700円の「LTEフラット」のみ。 それに対して、「カケホ」系ではでデータ量が選べる「データ定額」になっている。 「LTEプラン」でも「データ定額」を選べれば良いのだが、LTEプランだとデータ通信量が固定だ。もちろん、どちらも月額容量を超えて使っても通信速度が制限されるだけで通信ができないわけじゃない。 ちなみに、データ定額のプランは以下の通り。 (データ定額の料金表―auホームページより2016/11/11時点) 特筆すべきは「データ定額」にはより安価な定額プランが用意されているという点。auの意図としては「電話料金を多く払う人はデータ通信量を安くする」が、「電話をしない人はデータ通信量を一定額払え」ということだろう。