mf-kihon.org
服屋の店員さんのウザい・怖い接客を上手くかわすトーク術
お店で洋服を見たり買ったりするようになると、避けて通れないのがショップ店員さんとのやり取り。 今までユニクロやしまむら等で買い物をしていた人にとって、店員さんの接客は戸惑うことも多いでしょう。 中には昔の私のように店員さんの接客がニガテ!キライ!という人もいるのではないでしょうか。。 そもそもショップ店員はなぜいるのか、店員さんとどのようなやり取りをすればいいのか、どうやって私は克服することができたのかなど解説していきます。 ショップ店員の3つの役割 デパートやファッションビル、ブランドの路面店のショップには必ずショップ店員がいます。販売員とも言いますね。 彼ら、彼女らは私たちにとってどういう存在なのか? 改めて考えてみると主に3つの役割があることがわかります。 ファッションアドバイザー ファッションのプロとして私たちに様々なアドバイスを提供してくれます。 気になって手に取っているシャツは 「今自分が着ている服と上手くコーディネートできるのか」 「どんなアイテムと合わせればいいのか」 「他にどんな着こなしをすればいいのか」等 ショップの店頭にあるアイテムについて様々なアドバイスを受けることができます。 自分一人では考えつかない着こなしの提案を受けることができるのは、ショップ店員の接客を受ける醍醐味の一つです。 情報提供者 ショップ店員さんは、買い物に来ている私たち一般の消費者が知らない情報を色々と持っています。 店頭のアイテムでぱっと見ただけではわからないデザインのポイントやこだわり、洋服の機能やお手入れ方法について。 また限定アイテムの詳細や、新作アイテムの入荷状況、気になっているアイテムの在庫状況。 他にもショップのポイントがたくさん貯まるサービスデーやセールのスケジュールなど私たちにとって役に立つ情報を知っているのです。 ネットで調べても出てこないこういった情報を得られるのも、店員さんの接客を受けるメリットの一つです。 セールスマン・セールスウーマン