metaphysicstsushin.tokyo
オークランドの最新スピリチュアルショップのお土産プレゼント&YouTube放送お知らせ | メタフィジックス通信
私が住んでるのは、サンフランシスコの東側、通称イーストベイと呼ばれる地域にあるオークランドという町です。 オークランドのスピリチュアルシーンを説明すると、キーワードで言えば、インディペンデンス(独立ブランド)、アクティビズム(人権活動)、ダイバーシティ(文化的多様性)なんですよ。 スピリチュアルであること、メインストリームや企業文化に対して反旗を翻すこと、自分の意見を声にすること、マイノリティを認めることっていうのが、全部同列に来るんです。 そのオークランドの中でも、えりすぐりのスピリチュアルストアをご紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・ 1.ホームステッド・アポセカリー まずは、おすすめ一軒目、ホームステッド・アポセカリーです。ここはアポセカリー(薬局)という名前でやっているので、ハーブ類の量り売りや、インディーズのフラワーエッセンス、スキンケアグッズ等をメインに扱っています。 そしてここのお店の特徴は、インディーズのオラクルカードやタロットカードを多く扱っているところ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2.サグラダ ここは昨年末にオープンしたばかりのスピリチュアルグッズ&書店ですが、オープンした途端、地域の人気ナンバーワン店に躍り出てしまったほどの実力。いまや、ベイエリア中で一番すごい品ぞろえとやる気と言っても過言じゃないです。早速見てみましょう。 他の2つと比べると、サグラダのHPは作りが古く、さらに微妙にモザイクをかけたくなるような噴水の近影に、ちょっとずっこけますが、このお店はつい最近まで、なんとレシートも手書きだったんですよ。ワン&オンリーなお店です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3.クイーン・ヒッピー・ジプシー さて、今回最後のお店がこちら。今週からグランドオープンという出来立てほやほやであり、まだ内装が途中の部分もあったので、写真は撮らなかったんですが、つい待ちきれず記事にしてしまいました。 ここはブラックコミュニティー向けのスピリチュアルショップなんですけど、ブラックカルチャーとスピリチュアルや、ハーバリズムっていうのは、一瞬つながらなそうで、すごく相性がいいんですよ。アフリカシャーマン系のハーブとかヒーリング、それに加えて、エジプトも彼らのカルチャー圏内ですからね。