metaphysicstsushin.tokyo
ドリーン・バ―チューの"手を出さない方がいいニューエイジA-Zリスト"が、またまた論争を巻き起こしている! | メタフィジックス通信
こんなニューエイジには手を出さない方がい? オラクル・カード卒業事件で知られる最近のドリーン・バーチューですが、2019年1月21日付のブログで、「避けるべきニューエイジプラクティスA-Zリストとその理由(An A-Z Lits of New Age Practices to Avoid, and Wh)」という記事をアップし話題を呼んでいます。 リスト全体は彼女のブログにありますが、"避けるべき"として彼女が上げたものを、いくつかピックアップしてみましょう。 エイリアン、エンジェルカード、エンジェルナンバー、エンジェルリーディング、アセンデッドマスター、アストラルプロジェクション、占星術、チャクラ、チャネリング、キリスト意識、奇跡のコース、クリスタル、占い、ドラムサークル、アースエンジェル、エネルギーヒーリング、 要するにありとあらゆるものを、"避けるべき"だとしているんですが、ここに挙げたのはリストのA~Eの途中までですから、まだ続きます。 ドリーンは、こう書いています。 「ニューエイジは、秘密や隠された智慧、ヒーリング、より高次の自尊心、愛、経済的な成功、そして内面の平和がもたらされると約束します。ニューエイジティーチャーたちは、私たちがみな"小さな神"であり、望むものは何でも誰でも手にすることができると教えます。しかしながら現実は、決して真実と永遠の幸せには到達することなく、あなたは取り憑かれたように求め、探し続けることになるのです。 私たちは、多くの人々が、自覚のないままスピリチュアル的に危険なニューエイジに携わるのを見てきました。私たちにはわかります。なぜなら、かつて私たちにも同じことが起きたからです」 たぶんここまでの話なら、同意できるという人も多いと思います。でもドリーンがぶっとんでいるのは、そこから先です。 「いつの日か、誰もが真実を学ぶでしょう。悪魔がニューエイジを司っていると。地獄に落ちてこの真実を発見する人もいるでしょう。後悔しても遅すぎます。私たちは祈ります、あなたと他の人たちが今すぐこの真実に気付くことを。まだ時間のあるうちに、イエス様の愛に満ちた腕の中に帰ることを」 うーん、どうなんでしょうか。この記事に対する海外の反応を、いくつか拾ってみましょう。 ・・・・・・・・・・・・・ 海外の反応