metaphysicstsushin.tokyo
セレブリティ・サイキックリーディング その2.ジョン・レノン | メタフィジックス通信
ジョンとビートルズの関係について ジョン・レノンは、ミュージシャンと言うよりも、音楽を通じてアートを表現した人です。彼らが活動したのは1960年代ですが、今に至るまで多くの人たちに愛されています。 ビートルズのメンバーたちは、最初は兄弟のような関係でしたが、活動中期以降は、その内部で多くの議論や嫉妬があったようです。ジョンとしては、ビートルズの音楽は彼の生み出した子どものようでもあり、グループの成長を見るのはとても嬉しかったようです。けれども途中からメンバー間にネガティブなエネルギーが生まれるようになり、嫌気がさすようになりました。 ジョンはとてもスピリチュアルで、目覚めた人でした。ビートルズが活動した時代というのは、ヒッピームーブメントやウッドストックフェスティバルのように、人々の意識がシフトしていく時代でもありましたが、その中でもジョンは非常に進化した存在で、その意識は、既に4次元・5次元に達していました。彼は直感能力も発達していて、エンパスのように人々のエネルギーを読み、誰が良い人で、誰が悪い人かを見抜くことが出来ました。 しかし当時のビートルズを取り囲むエネルギーは、とてもダークに感じます。ビートルズを取り囲むエネルギーは、とてもダークに感じます。当時、グループの誰かに、魔術的な何かに従事していた人がいるようです。ペイガンやウィッチはポジティブな魔術に携わる人たちも沢山いますが、彼らから感じるのはそのようなものではありません。このエネルギーは、レコード会社や、彼らの担当だった人から発せられているかも知れません。 またジョンは女性に対する不信感があったようです。そのように思考を形成する何かがあったと思われます。女性が好きな一方で、抵抗や怒りのような感情も抱いていて、時に冷たい態度を取りました。 中期以降、ビートルズは自分たちのイメージを変えようとしていていましたが、ジョンはそれを自分本来の姿ではないと思っていました。そのためソロ活動に傾倒するようになりましたが、グループを離れることで、その周りを囲むネガティブなエネルギーからも離れることが出来たようです。ビートルズ時代の彼の意識は、主に3次元の低いバイブレーションでしたが、ソロになって上昇しました。