metaphysicstsushin.tokyo
エリック君が語る "南極のミステリーとセイクリッド・ジオミトリ―" | メタフィジックス通信
※チャンネリング・エリックは、亡くなった20歳の青年エリックがアストラル界からお送りするスピリチュアル学習番組です。 登場人物 母:この番組のMC。 キム: スピリットと話す霊媒。 エリック: アストラル界の住人。 ・・・・・・・・・・・・・・ 南極のミステリー 母: エリック、南極は一体どうなってるの?ピラミッドが見つかったこともあったよね。 キム: 今、エリックは、ヴィジョンと言葉と両方で伝えてくれているけど、南極の上空にセイクリッド・ジオミトリ―があって…それについて私はよく知らないんだけど…変なグリッドみたいなもの?が見える。 エリック: エネルギーポータル、ボルテックス、いろいろな呼び方があるけど、どれでも構わない。つまりはエネルギーが非常に凝縮しているエリアで、そこでは次元間移動も可能だ。 母: それって、自然にそうなったの?それともエイリアンが作った? エリック: 自然に出来たんだよ。地理的な条件が関係している。セドナのヴォルテックスと同じ。 母: 闇の勢力の仕業とかじゃないってこと? エリック: 何かを悪だと感じるのは、その人の意識を反映して、そう感じるのであって、それ以上でもそれ以下でもない。だからってその人が邪悪だってことじゃないよ。物事をどう感じるかは、個人の成長と意識の拡大の過程で、その人がいる場所を表しているだけ。ノンジャッジメントって言うのもなんだけど、本当の経験っていうのは、ただ何も考えず、ニュートラルに眺めた時に出来るものなんだ。自分の思考に執着しないようにする。 母: 南極に行けば、次元の移動ができるの? 本当にエネルギーがすごいから、圧倒されるかも知れない。でも経験をするのに、必ずしも実際に訪れる必要はない。感じるだけでいい。量子物理学的なコミュニケーションだよ。 母: なるほどね。 エリック: 全ての場所にはバイブレーションがあって、集合意識を持つ。南極の場合、集合意識は大きく広がっていて、気取った言い方かもしれないけど、「無限の智慧」って感じ。集合意識がその場所だけにとどまらず、時空を超えて存在している。 ・・・・・・・・・・ エイリアンの基地はあるの? 母: 南極には、エイリアンの基地はないの? キム: エリックの感じだと…うーん…どうやら違うみたい。今聞いた質問に、彼のエネルギーが共鳴しない。