metaphysicstsushin.tokyo
あなたのツインフレームが振り向いてくれない時の4つの理由 | メタフィジックス通信
ツインフレームが振り向いてくれない 最後には一緒になったけど、最初はどちらかだけが一方的に熱を上げていたという経験をしたことはありますか? 出会った瞬間から、二人の思いが同時に大きくなっていけば一番楽ちんなのですが、ツインフレームの関係では、そうはいかないこともあるようです。 「この人だ!」と思える出会いがあっても、まるでわざと仕向けられているかのように困難が待ち受けているのは、そこに必要な学びがあるからです。 ツインフレームが振り向いてくれない時には、どのような学びがあるのでしょうか。 ・・・・・・・・・ 1.正しいタイミングを待つ必要がある ツインフレームが互いの存在に気付くためには、タイミングが大いに関係します。適切なタイミングでない場合、いくら片方が愛を告白しても、もう片方は決してそれを受け入れることがありません。 通常、魂がより成熟している方が先に自分のツインに気付くと言われます。しかしまだスピリチュアル的に発展途上にいる場合、魂の準備が整わず、ツインフレームの存在に気付くことが出来ません。 2.執着を手放す必要がある ツインフレームだという深い確信があっても、相手に気付いてもらえない時、相手を手に入れたいという執着を捨て、無条件の愛を宇宙から"要求"されることがあります。執着を手放せば、うまくいくというものではありませんが、このような状況が起こる理由は、一つにはあなたのヒーリングのためでもあります。 3.経験を重ねる必要がある 最初の恋でツインフレームと出会うケースは非常にまれで、出会いに至るまでに、いくつかの経験を重ねることが多いようです。恋愛での失敗を繰り返すことで、自分の抱える課題についてより理解が深まりますし、自分にとって本当に大切な価値にはじめて気付くことができます。ツインフレームと出会っても、片方が別の人と関係を結んでいる場合にも、この理由が考えられます。 4.人間的に成長する必要がある ツインフレームに気付かれなかった場合、二人の絆を信じ、忍耐強く愛を証明しながらも、同時に自分を向上させようと努力するでしょう。それはツインフレームが互いの存在に気付くまでに経験する大きなレッスンとなり、そのようにしてお互いのエネルギーがよりマッチするようになります。 ・・・・・・