metaphysicstsushin.tokyo
2018年アセンション予報 7月30日付 クライオン "何が起きるのか、あなたは既に知っていたはずです" | メタフィジックス通信
魂の異なる表現としての輪廻 すべての始まりの前には、愛があった。あなたたちの宇宙が出来る前にもあったのも、愛だった。そこから地球と呼ばれるこの惑星が形作られ、生命が始まった。 ソースである創造主は、決して変わることがない。静的でありながら動的で、形を変え拡大する、愛そのものだ。あなたたちもその一部であると知ってほしい。 あなたたちは、アウェイクニングの時を迎えている。 「自分は以前もここに来たことがあるだろうか?」「自分が感じているこの感覚は何だろう?」 質問の意味を考えるまでもなく、答えは明白に出ているだろう。 人生には、何かもっと深い意味があるはずだと言う人がいる。そんなこと、あなたはとっくに知っている。 自分の中のオールドソウルに気付く。自分の魂が、何度も何度もここに戻り、数々の転生を重ねてきたと信じざるを得なくなる。 あなたが今いる輪廻と呼ばれる旅路は、あなたの魂が異なる表現をするために何度も戻ってきていることを意味する。転生の度に異なる体を持つのも、同じ魂の別の表現なのだ。 ・・・・・・・・・・・ 死は完成を意味しない プレアデス人は輪廻転生するか?もちろんだ。彼らも様々な表現を持つ。けれども輪廻と言う言葉をプレアデス人が使わないのは、彼らは以前の自分をすぐに思い出せるからだ。彼らのDNAは、ほぼ90%近くが稼働している。あなたたちは、ほんの35%に過ぎない。 今から何千年も先の世代から、新しい子どもたちがやって来る。彼らにとって、かつて自分が誰だったのかを思い出すことは簡単なことだ。彼らは魂の連続性を知っている。 それは死の概念を変える。 最期の息を引き取る時、あなたは愛する人の目を見つめ、微笑みながら、こう言うことが出来る。 「じゃあ、また後で」 プレアデス人が転生に要する期間は、1か月程度だ。仲間たちとの同意のもとに、別の家族に生まれる。成長すると、自分が誰であったかを思い出し、家族の中にかつての愛する人を見つける。そしてこう言うのだ。 「戻って来たよ」 死は完成を意味しない。異なる表現が続くということだ。 そして、より進化した意識ほど、生まれ変わりの期間が短くなる。あなたがこの惑星に何度もやって来たと確信しているのは、それが理由だ。 ・・・・・・・・・・・ 完全な完成の感覚