metaphysicstsushin.tokyo
実際、どうなのよ? ヴィーガン/ベジタリアンについて現地リポート | メタフィジックス通信
せっかくヴィーガン/ベジタリアンコミュニティの渦中にいるので、いくつか事例を挙げてみたいと思います。 ・・・・・・・・ チベットで聞いた話 チベットに行ったとき、ツアーガイドのお兄さんが、チベット仏教における殺生の考えについて、こう話していました。 「チベットは高地のため、新鮮な野菜を手に入れるのが難しく、かつてはお坊さんでも肉を食べることが当たり前でした。しかし近年では、農業の発達によって野菜が安価で手に入り安くなりました。そこでお寺でも、精進料理を食べることが出来るようになりました。でもダライ・ラマは、健康の関係からお医者さんに勧められて、週1回は肉を食べる日があるんだそうです」 仏教では、殺生の教えが大事だと思われがちですが、ウィキペディアによると、ブッダも悟りを開いてからは、肉食をするようになったそうです。 ・・・・・・・・ バシャールのセッションで聞いた話 私が見た中で、ヴィーガン/ベジタリアンの人が質問をしたことが何回かありました。だいたいいつも、同じことが挙がります。肉食をどう思うか・私たちに出来ることはあるか・辛くてたまらないけど、一体どうしたらいいか、などです。 バシャールがいつも言うのは、自分が出来ることに本当にコミットしなさいということです。どれほど状況が辛いものだったとしても、そこで苦しみや怒りを生み出せば、ネガティブなバイブレーションを作り出してしまいます。自分が変えられないことで苦しむより、変えられるところにフォーカスしなさいとのことでした。 バシャールらしいですね。 ・・・・・・ ベジタリアン/ヴィーガン/フレキシタリアン/フリーガン ベジタリアンは、動物性食品は、牛乳由来製品(ミルク、バター、ヨーグルトなど)と卵のみ食べる人です。これに対してヴィーガンは、動物性食品は、一切摂りません。 またベジタリアンだけど、時と場合に応じて肉・魚も食べる人をフレキシタリアン、同様にヴィーガンだけど、時々ベジタリアン食も食べる人をフリーガンと呼ぶことがあります。 私の周りには、どのタイプもまんべんなくいます。でも、主義というよりアレルギーや体質によって、何を食べて何を食べないかが、みんな微妙に違います。 菜食主義だけど、豆類はガスがたまるから食べないという人もいれば、ヴィーガンだけどアレルギーのためココナッツ系がダメというハードコアもいます。