metaphysicstsushin.tokyo
アメリカ観光バスツアー 5日目 インディペンデンス・ロック/ソルトレイクシティ/テンプルスクエア/グレートソルト湖 | メタフィジックス通信
バスツアー最終日の5日目にして、ようやく晴れました。ワイオミング州から、ユタ州に戻ります。 西部開拓時代、人々が街道筋の道しるべとして使った岩を見に行きました。そういうのは、日本にもありますよね。松とか杉とか。 看板の向こうに見える岩が、道しるべだったそうです。 牛もいる。 でも、やっぱり周り、なんもねー。 オーブの写真が撮れた? 拡大して見てください。 でも実際は、太陽光線のフレアによるデジカメ独特のバグのようです。 青いゴーストが、オーブと同じ角度に入っています。 さて、ユタ州に戻りました。暑いって聞いてたけど、日本とはまた種類の違う、砂漠の暑さです。州都ソルトレイクシティは、2002年に冬季オリンピックが開催されたことでも知られています。 オリンピックパーク。トヨタの車がありますね。 東京オリンピックのアメリカチーム公式Tシャツ。 70年代のスキー服。 なんだかわかりません。 それから、ユタ州の総合庁舎に向かいました。 アメリカの役所は、だいたいホワイトハウスっぽい。 子どもたちもユタが大好き。 ソルトレイクシティは、モルモン教徒によって、砂漠に建てられた街です。現在も人口の60%は、モルモン教徒とのこと。 テンプルスクエアと呼ばれる、モルモン教の総本山に来ました。 こんな教会が、いっぱいあります。 宗教の意義というよりも、信じることが生み出す力の強さを、改めて考えさせられました。 トラムも走ってる。 さて、5日間を共にした観光バスとも、もうすぐお別れです。 おかげで楽しかったよ、ありがとう。 旅の最後は、グレートソルト湖に行きました。海水よりも、塩分濃度が高い湖です。 しかも、東京都の面積より広い。 アメリカン海の家。 2002年、みなさんは何をしていましたか? さらば、バスツアー。 という訳で、カリフォルニアに無事戻り、またせっせと旗を作っています。