metaphysicstsushin.tokyo
エリック君が語る 神とは誰か その2.神の計画とメッセージ | メタフィジックス通信
二元論は進化のため 母: 宇宙に善悪がないって言われるのは、すべては神だからでしょ。 エリック: その通り。ひどいことをする人がいるように思えるのも、自由意志のバリエーションなんだ。 母: それは、スピリチュアルコントラクトでもあるんでしょ。集合や個人に学びを与え、成長させるために、悪役を演じるっていう、一種の自己犠牲。 エリック: そうだね。赤しか色のない世界なら、他の色をどうやって知ればいい? 母: 対比が必要ってことね。 エリック: 自分の中の神を知るためには、二元論は必要じゃない。でも、進化のためには必要なんだ。 ・・・・・・ 神の意思と自由意志 母: 神の裁きとか、運命みたいなのはないんでしょ。 エリック: 神の意思と自由意志について説明しよう。僕らが神であり、創造主であるということは…。 キム: それらは同じものってことね。 エリック: 神がキムを通じて自分を経験しているとする。でも自分の人生をどう生きるかは、キムが自分で決定できる。つまりここで神の意思とは、キムの自由意志の形で現れると言える。 キム: 神の現れがいろいろあるように、神の意思も、個別の自由意志の形をとるのね。 母: なるほど。 ・・・・・・・ 神の計画は、どのようなものか 母: 神には、目的とか計画みたいなものがあるの? エリック: 人間レベルの話?それとも、宇宙レベルの話? 母: 両方聞きたい。 キム: 今、エリックが、宇宙の絵を見せてくれてる。ビッグバンみたい。つまり、どんな小さな生き物も、微生物も、あらゆる動物や植物も… エリック: そう。あらゆるすべてが神の異なる現れであり、神の記憶へと戻る意識だ。僕らは完全な全体に進化する道のりを歩んでる。 キム: 歯車が回っている絵が見える。 エリック: すべては、より高次の意識、つまりワンネスへと進化していく途上だ。たとえ個別の自由意志があるとは言え、究極的には、バイブレーションが上昇していく。そして最後のピースが揃えば、ビッグバンが起きる。 キム: 真っ白な光が見える。すべてが吹き飛んで、ひとつの意識、ひとつの全体になっている。 母: 神の一部になるってことね。 エリック: 神は無限だ。物理的な形は変わっても、その背後にあるエネルギーがなくなることはない。