metaphysicstsushin.tokyo
春の古本祭り 第二弾! 面白いけどいらない本プレゼント | メタフィジックス通信
さあ、春の古本祭り、第二弾です。なんでいらないかというと、本棚が狭くて入らないからです。 1.ドロレス・キャノン『人類の保護者』 QHHT(クォンタム・ヒプノシス・ヒーリング・テクニック)創設者のドロレス・キャノンは、当初、一般的な前世退行の催眠療法を実践していましたが、ある時、偶然、クライアントの意識が宇宙人時代に戻ってしまったことをきっかけに、UFOや宇宙人と、人類の関わりについて、催眠セッションから引き出した情報を研究するようになります。 そうした事例の集大成が本書であり、UFOアブダクションや宇宙文明など、知りたい宇宙人情報が満載です。 その中から、宇宙人にとっての死の感覚について話している部分を引用してみましょう。 宇宙人は死なない? ジャニス「体が死ぬことはない」 ドロレス「では、永久に生き続けることが可能なのですか?」 ジャニス「永久に生きることは可能だ。移行の時期はあるが、それを我々は死とは考えない」 ドロレス「わたさいたちの事情と比較すると、この惑星では体が老化し、老衰し、やがて…」 ジャニス「我々も年を取る」 ドロレス「でも、体は死なないのでしょう?衰えたり年取ったりするだけで?」 ジャニス「老化はしない」 ドロレス「人が死なないのなら、それは理想的な状態だと人間は考えてしまうのですが」 ジャニス「たしかに人間はそう考えるだろうが、死ぬことができないというのではなく、移行する方を選択するということだ」 ドロレス「それなら、本人がその体をもう必要ないと思ったらどうするのですが」 ジャニス「根源に返す」 第12章「ジャニスの実の父親」より こんな人におすすめ! さて本書は、イナンナバイブル的な「ナントカ星人と、カントカ星人がケンカして、星がドーン!」みたいな分かりやすさはなく、話がエネルギー寄りで、難しいです。 しかも厚さが大辞林くらいありますので、「大辞林上等!」「来いよ、大辞林!」と思える人にはおすすめです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2.マイケル・ニュートン『死後の世界を知ると、人生は深く癒される』 マイケル・ニュートンは、ドロレス・キャノン、ブライアン・ワイスと並ぶ、退行催眠療法の大家です。彼の研究のメインテーマは前世ではないので、死んだらどうなるかという情報が満載です。