metaphysicstsushin.tokyo
2018年アセンション予報 "クリフ・ハイが予測する2018年とその先の上昇" | メタフィジックス通信
クリフ・ハイとウェブボット クリフ・ハイ氏は、1997年に公開されたウェブボット開発者の一人です。ウェブボットは、インターネット上のニュース、ブログ、ディスカッション等のサイトをクロールし、よく話されている言葉を調査・収集するプログラムです。人々の話題や感情の傾向から、市場の動向を割り出すために作られました。 しかしデータを収集するうちに、自然災害や、環境変化などについても、その時々の"インターネット集合意識"に多く上がる言葉があることに気付きました。 ウィキペディアによると、そのように集めたデータ予測のうち、2004年スマトラ沖地震、2005年ハリケーンカトリーナは実現しました。しかし2012年のポールシフトが外れたことで、ウェブボットはインチキくさいと思われてしまいました。 去年、クリフ・ハイの予言について書いたときに、日本語のサイトは彼については否定的なものが多かったのですが、この一年で評判ががらっと変わっていたので、びっくりしました。ウェブボットによるビットコインの予測が人気を博したようです。 ウェブボットがキャッチするのは、まさにインターネット集合意識の中のエネルギーです。仮想通貨は、インターネット上の感情を反映しやすい一方、ポールシフト等の自然現象は、多く話されたからと言って実現するものではないですからね。その辺が面白いですね。 ・・・・・・・・・・・ クリフ・ハイの2018年予想とその先の世界 その名もUSAウォッチドッグ(見張り犬)という番組で、クリフ・ハイ氏が、ウェブボットのデータをもとに今後の動向を予測していました。 Clif High – Soaring US Economy and More 2018 Predictions by Greg Hunter on YouTube スキャンダルとメインストリームメディアの崩壊 メディアや政財界にはびこるスキャンダルについて、2017年に明らかになったのはほんのタイトルの部分に過ぎず、メインフィーチャーは2018年、2019年にやって来ます。全て明らかになるには数年かかりますが、米国議会の中にも撤退を余儀なくされる議員が出て来るでしょう。摘発のピークは来年の今頃になるとみています。