metaphysicstsushin.tokyo
グレートセントラルサンとは何か? その在り処について3つの説 | メタフィジックス通信
実際は、誰も分かりません。 グレートセントラルサンの文化的背景 スピリチュアル界では、グレートセントラルサンという言葉がしばしば使われることがあります。 文化史的なルーツははっきりしないのですが、どうもアイアム・ムーブメントあたりから来ているようです。アイアム・ムーブメントは、セント・ジャーメインやバイオレットフレームを有名にした思想で、神智学からのスピンオフとして、1930年代に分岐しました。 90年代の旧型アセンション時代に流行したスピリチュアルは、多かれ少なかれアイアム・ムーブメントに影響を受けているので、その世代の人たちが、引き続きグレートセントラルサンの考え方を使っているようです。 ・・・・・・・・・・・・ グレートセントラルサンとは何か? グレートセントラルサンは、恒星としての太陽ではなく、メタフィジカルな概念としての太陽です。それは太陽の原型となるエネルギーであり、太陽系の太陽は、グレートセントラルサンの物理的な表れだと言われます。 グレートセントラルサンは、宇宙の中心、生命と愛の源、ソースエナジー、根本創造主、ゼロポイントなどと呼ばれることもあり、あらゆる全てが、そこからやって来て、そこに還る場所です。 それならもう、神さまでいいんじゃないのか?と私は思いますが、せっかくですからグレートセントラルサンの知識をおさらいしておきましょう。 ・・・・・・・・・・・・・ グレートセントラルサンはどこにある? その場所については、主に3つの説があります。 1.銀河の中心 私たちは天の川銀河の中の太陽系に住んでいます。天の川銀河とは、宇宙から見ると、星がぐるぐる集まった場所になっていますが、その集まりの、ほんの小さな一角に太陽系はあります。 下の図で、天の川銀河をドーナツと考えると、地球を含む太陽系は「You are here」で示された部分にあります。ドーナツで言えば、外側のグレーズの部分です。そしてグレートセントラルサンは、ドーナツの穴の中心にあると言われます。 なお理科的に見ると、銀河の中心は銀河核と呼ばれ、巨大ブラックホールがあると言われているそうです。ちょっとスピリチュアルの説と、かぶってますね。 Our Galactic Center: the Great Central Sun by Astrological Reading in a