metaphysicstsushin.tokyo
インドの神聖幾何学 ヤントラで豊かさを手に入れよう | メタフィジックス通信
ヤントラとは ヤントラとは、マントラと似てますが、ヤントラは図形、マントラは音節です。どちらも神々や宇宙のエネルギーを表現したものであり、主にタントリズムの中で、瞑想や儀式に使われます。 タントリズムとは、厳密な定義はなく、ヒンズー教にも仏教にもみられる流派です。広い意味でのエネルギーワークを通じて、神や宇宙と一体化することを重視します。 チャクラのシンボルとして、よく蓮の花みたいな絵が描いてありますが、それも、ヤントラの一種です。各シンボルをイメージしながら瞑想すると、チャクラのバランスが整うと言われます。 超有名どころでは、シュリヤントラがあります。宇宙と生命の原理そのものを表すと言われ、西洋でいうフラワーオブライフのように考えられています。 [caption id="" align="aligncenter" width="341"] Pinterest[/caption] ヤントラとは、つまりインドの神聖幾何学で、図形からパワーが出てるというか、エネルギーグリッドに従って線を描いた結果というか、平面上のエネルギースポット、エネルギーそのものなのです。見てるだけで、ぐいぐい来る感じがありますね。 ・・・・・・・・・・・・・・・ P・クラーナ『ヒーリング・スルー・ヤントラ』 さて、ネパールで本屋さんを回っていて、ヤントラの本というのを見つけました。インド占星術師にして風水師、数秘術研究家のP・クラーナ師が書いた『ヒーリング・スルー・ヤントラ』という本です。 インドには有名占星術師というのが、日本で言う霊能者ほど沢山いて、それぞれの人が、ある程度の評判を得ているようです。調べてみるとP・クラーナ師も、"現代インドのベスト占星術師の一人"みたいな感じで、それってみんな自称してるんじゃないのかなと思いましたけど、息子さんが映画俳優として成功したことで、近年、若干注目を浴びたようです。 この『ヒーリング・スルー・ヤントラ』は、本屋さんの棚の奥の方にあったのですが、手に取って読もうとすると、まだ本を開いてないのに、エネルギー特有のむんむん感というか、ビリビリする感じがあって、面白かったので買いました。 ヤントラと言うのは、日本でいうお札とか、お守りのように使われることもあるようですね。