metaphysicstsushin.tokyo
エリック君が語る "過去世や来世との交流について" | メタフィジックス通信
過去・現在・未来の全ての時間は同時に起きているといいますが、他の人生を生きる自分と交流できるんでしょうか。 ※チャンネリング・エリックは、亡くなった20歳の青年エリックがアストラル界からお送りするスピリチュアル学習番組です。 登場人物 母: エリックのお母さん。この番組のMC。 ジェイミー: スピリットと話す霊媒 エリック: アストラル界の住人。 ・・・・・・・ 平行世界の自分と交流する 母: 過去や未来の自分と交流できるって言う人がうちのブログメンバーにいるんだけど、誕生日にみんな集まって、違う人種とか性別に入れ替わるんだって。どうなってるの?。 ジェイミー: 私にも分からない。 エリック: その人、飲んでたんじゃないかな(笑)。 母: 誕生日の日にってところは置いといても、別人生の自分と交流することは出来るの? エリック; 全然簡単だよ。内面の声と感情で交流するみたいなもんだ。互いに遠く離れている訳じゃないんだけど、視点が違うだけ。 母; 誰かに会いに行って握手するみたいな感じなのか、それとも内面的なものなの? エリック: うん。内面的なつながりだよね。 母: ふーん。 エリック: だってさ、「おーい、今から行くよ。握手しようよ」って感じだったら、自分にぶつかるだろ。そういうのも可能性としてはあるけど、すごくレアだ。 ・・・・・ エリックが平行世界の自分に会いに行った話 エリック: だいたい、そういうふうなご対面は、あんまり役には立たないよ。"異世界"みたいで、面白いのかもしれないけど。 母: やったことあるの? エリック: あるよ。 母: どんな感じだった? エリック: 別の僕はすごく賢くて、人生の情熱にあふれてるって感じで、でもこっち側の僕は、それとは全然違うじゃない?(※エリックは自殺で亡くなっています) 母: そうね。 エリック: 別の自分の人生を見て、どんな違いがあるか経験するのは楽しいと思う。でもそんなことしなくても、経験はしてるんだけどね。 母: その時見たのは、いつの人生の自分なの? エリック: 僕が死んだあとだったね。 母: てことは未来か。 エリック: うん。 母: 年代とか場所は分からないの?