metaphysicstsushin.tokyo
スピリチュアルロンリネス アウェイクニングの孤独を対処する7つのヒント | メタフィジックス通信
スピリチュアルロンリネス アウェイクニングは、それを経験した人にとって、とても大きな価値を持つ出来事であり、それ故に、自分の大切な人たちに理解してもらいたい、経験をシェアできる仲間が欲しいと思うのは当然の反応だと思います。日々、新しい発見をし、めきめき目覚めていく中で、それを誰も分かってくれる人がいないのは、実にへこみます。 かと言って、話してみたところで、みんなから快い反応をもらえる訳ではなく、それどころか自分が世界からどんどん切り離されて行ってしまうような不安すら感じます。 ・・・・ 孤独でいること/孤独を感じることの違い 孤独でいることと、孤独を感じることとは、大きな差があります。アウェイクニングを迎えた人の中には、一人で過ごすこと自体は苦手でないと言う人は、少なくないと思います。 けれども誰にも理解してもらえず、疎外感や孤独感を強く感じることは、全然別物です。 自分を本当に理解してくれる人や、心を許して話し合える仲間が存在しないと考えることは、ボディ・マインド・スピリットに多大なダメージを与えます。 そんな時、どうしたらよいのでしょうか。 ・・・・・・・・・ 1.孤独は一時的なものだと理解する 幸いなことに、その孤独は一時的なものです。アウェイクニングとは、これまで暮らしてきた環境を手放し、新しい人生に入ることでもあるので、そのプロセスを進む中で次第に新しい自分にマッチした人間関係が生まれます。 古い自分を手放し、本来の自分に近づくことで、あなたの魅力はより力強く輝きます。それは同じようなバイブレーションを持つ人たちを引き付けるのです。 しかし残念なニュースとしては、その"一時的"が、どれくらい長く続くのかは個人のペースによって変わります。 とは言え、振り返ってみれば、本当に一時的なものに過ぎませんし、その状態が一生続くわけではありませんから、その点は心配いりません。 2.楽観的に考える アウェイクニングが始まると、自分や自分を囲む状況がどんどん変わっていってしまうので、目の前が見えなくなるような感覚に陥りますが、同時に、それが自分にとって進むべき道だと言う深い確信があると思います。 しかしプロセスに入ったばかりの時は何事も初めてですから、本当に進んでよいものやら考えてしまいますよね。