menmi.boo.jp
RT(返信)は2種類あると思ってね
こんにちは、menmiです。今日はRT(返信)についてお話します。TL(タイムライン)をながめていると、時々「RT」と書いてあるのに気がつきませんか? 私も最初あたりまえのように書いてあるRTにとまどいました。そして普通に「RTってなんだろう?」と思ったものです。RTとは、英語で書くとRetweet(リツイート)の事で、返信を意味します。twitterでのRetweetは、2種類あると思って下さい。 ・Retweet--------------------------------公式RT ・Retweet with comment----------コメントを引用したRT 最近公式RTとよばれるものが追加され、2種類となりました。それまでは、コメントを引用したRTしかありませんでした。では、どのような場合に使うかですが、まずは、公式RTについて説明します。 公式RTはツイッターで、有意義な情報を回覧板のように、そのまま回していく感覚です。140文字以内の情報でツイートを書いたものがそのまま、公式RTされると、フォローしてくれている人にまず届き、届いた人がまた有意義な情報だと判断して公式RTをすると、そのフォローしている人に届きといった具合に、どんどんと、広がっていく可能性があります。公式RTをするには、上記の○で囲んだところの「リツイート」を押すと完了です。 時々タイムラインに、おや?あまり見かけないアイコンだなぁ~って思うと、たいてい、公式RTされているコメントですね。 公式RTされているツイートは、ここに誰が公式RTをしたか、表示されます。 コメントを引用したRTは、発言したツイートにRTを付け加えて次の人が発言するという手法ですが、twitterのホームページの機能には、「返信」のボタンしかなく、コメントを引用するのに、コピーして貼り付けないとできません。ルールは、<RT @ID名