menmi.boo.jp
ケチャップの謎 ダブル・フィルター
レビュープラスさんから、ご献本いただき、レビューを書かせていただく事になりました。といっても、今回いただいたのは、出版前のゲラとよばれる状態で、初めて手にしたゲラにとてもワクワクしました。レビュープラスさま、講談社さま、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございます。 大きさはコピー用紙のB4で、バンドクリップでとめてあり、最初のページ右下の隅に「舞字形変形置換処理済 対象文字 有」と赤字で捺印されていました。そのお隣には、「プレプリス 10.6.04 再校」と黒く丸い捺印が押してあり、多分、印刷前工程で、正文・外字を変換する「舞字変形」とよばれる文字の置き換え処理が6月4日に終わっているという意味でしょうか。 ゲラの大きさは新聞半分より少し小さめ ご献本いただいた本は、7月7日発売のマルコム・グラッドウェル著 勝間和代訳の「ケチャップの謎」世界を変えた"ちょっとした発想"です。マルコム氏がニューヨーカー誌に寄稿した歴史的名コラム6話が収録されており、その中の3話を読ませていただきました。コラム集の第1巻のテーマは「世界を大きく変えた"小さな業界の天才たち"」の物語です。コラム集は、続編の出版が、第2巻は8月に「失敗の方法論」、第3巻は9月に「採用は2秒で決まる?」とタイトルは変更になる可能性がありますが、続けて出版される予定で、今から大変楽しみにしています。 私が「ダブル・フィルター」というセカンドタイトルにさせていただいたのは、前回のマルコム氏と勝間氏コンビ作でもある「天才!」が大変おもしろく、とてもわかりやすく何人の方にもおすすめして絶賛された本の事を思いだし、お二人のフィルターを通して、今回は何が見えるのだろう?と思ったからです。 「ケチャップの謎」は6話収録中3話までを読ませていたきました。途中までだったからなのか、物語の背景がアメリカで主人公も外国人で内容が繊細だったからか、理解するのに時間が必要でした。6話の内容は ・第1章 TVショッピングの王様 アメリカのキッチンを征服した男 ・第2章 ケチャップの謎 マスタードは数十種類以上、なのにケチャップは、なぜ同じ味? ・第3章 ブローイング・アップ(ぶっ飛び)の経済学 ナシーム・タレブが壊滅的損失の不可避性(ブラックスワン)を投資戦略に転換させるまで ・第4章 本当の髪の色